プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

往年の名作ゲームを作ったクリエイターたちを描いたWebマンガが面白い

f:id:IKUSHIMA:20180705103535j:plain
news.denfaminicogamer.jp


マンガ家の田中圭一がさまざまなゲームクリエイターにインタビューし、
当時の想い出をマンガとして再現した記事が面白い。


初期の頃の「ファイナルファンタジー」や「MOTHER」、
「どこでもいっしょ」「プリンセスメーカー」など
40歳前後のゲーム好きにはどんぴしゃのラインアップ。


創作物を消費する側は好き勝手な文句を言うけど、
こういった作り手の苦労もぜひ意識して欲しいなぁ。

神戸市立図書館で電子書籍の貸し出しサービスが開始

f:id:IKUSHIMA:20180703084458j:plain


2018年6月下旬から神戸市立図書館で
電子書籍を貸し出せるサービスが始まった
ただし、今回は2020年4月末までの試験運用となる。


どの程度の使い勝手かは気になるところだが、
家にいたまま無料で本が読めるならこんな便利なことはない。
ということで、早速サービスを申し込んできた。


f:id:IKUSHIMA:20180716161227j:plain


まずは図書館を通常利用するための図書カードを作る必要がある。
今まで図書館に立ち寄るのが面倒で利用していなかったので
この機会に新規でカードを作ることにした。


f:id:IKUSHIMA:20180716161010j:plain


ラミネートしただけの図書カードで
今どきバーコード管理というのはちょっと残念。
この手続きはオンラインではできないので
図書館の窓口に直接出向く必要がある。


ちなみに神戸市立図書館は神戸市民だけでなく、
神戸市に通勤・通学している人や
隣接する市 *1 に住んでいる人まで利用できるので
実は結構な人が利用対象になる。


f:id:IKUSHIMA:20180703085516j:plain


また、借りた本を神戸市内の
どの図書館でも返却できると聞いて驚いた。
本を返すときの負担が減る嬉しいサービス。


f:id:IKUSHIMA:20180703091319j:plain


図書カードが手に入ったら
改めて電子図書館の利用を窓口に申し出て
専用のIDとパスワードを発行してもらう必要がある。


kobe.lib.overdrive.com


それを使ってパソコンやスマートフォンから
KOBE電子図書館」のサイトにアクセスしてサインインするのだ。


f:id:IKUSHIMA:20180703092026j:plain


検索機能はまだまだで、Amazonなどとは比較にならない不便さ。
洋書のみを検索するような場合や
特定のジャンルを除外するようなことができないし、
検索結果のページ切り替えもスムーズでない。


f:id:IKUSHIMA:20180703130323j:plain


ラインアップも貧相で、1万冊と言いつつも
大半が青空文庫だったりする。


f:id:IKUSHIMA:20180703130039j:plain


書籍の売り上げに影響が出ないようにするためか、
電子書籍なのに貸し出し数が限られており、
他の利用者が借りている本は選べない。
貸し出し予約も3冊までに設定されているので、
たくさんの本を予約して空いたものから読む、ということもできない。


そういった本の管理部分はかなりイマイチだが、
反面、実際に本を読むときの感触はかなり良い。


f:id:IKUSHIMA:20180703123016j:plain


Webサイトと同様にブラウザでそのまま本が開けるのだが、
左右のフリックでページめくりできるだけでなく、
高速でのページ送りや単語検索もでき、
違う端末で読んでいた本でもページ数が同期されるのが素晴らしい。
ブラウザで見ていることを忘れるほどの操作感覚。


本の貸し出し期限が来ると自動的に返却されるのだが、
どうやら本を借りたときにユニークなURLが生成され、
期限が来たらそのURLが無効になる仕組みのようだ。


---


まだまだ発展途上な印象はあるが、
図書館に立ち寄らなくても本を借りられて
期限が来ると自動で返却されるのはかなり便利。
電子書籍の普及に合わせて全国の図書館もぜひこうなって欲しい。

*1:芦屋市・西宮市・宝塚市・三田市・明石市・三木市・稲美町・淡路市

複数の球が衝突し合う判定処理の解説動画

久しぶりですが、プログラミングの解説動画の第14弾です(前回)。



計算処理をシンプルにするために
ゲーム中の障害物やキャラクターの衝突判定を
球(円)に見立てて行うことがよくあります。


球が相互にぶつかりつつ、
衝突によって生まれた速度も
それっぽく処理する実験プログラムです。


後輩に相談されて取り組んだプログラムですが、
いろいろなアルゴリズムを試してみた結果、
座標の変化量から速度ベクトルを求める今回の手法が
一番安定してそれっぽく動きました。

「英語がうまくなりたいから外国人の友達が欲しい」というのは、ずいぶん自分勝手な望みだ

f:id:IKUSHIMA:20180626105842j:plain


「英語がうまくなりたいから外国人の友達が欲しい」
という望みを言う日本人は多いが、
これはかなり自分勝手な発言だと思う。


ここには「四六時中、無条件に教育してもらいたい」という身勝手さと
「外国人であれば誰でもいい」という傲慢さがある。
「友達」という言葉でごまかしているだけで
実際に欲しがっているのは「無料講師」だろう。


「料理がうまくなりたいから調理師の友達が欲しい」
「パソコンに詳しくなりたいからITに強い友達が欲しい」
果たしてそんなことを言う人と友達になりたいと思うだろうか。


また、相手の外国人が「日本語を勉強したいから」と
日本語でのコミュニケーションを希望してきたら
自分にはメリットがないからと縁を切るのだろうか。


それに、友達として付き合うなら
多少のやり取りができる程度の英語力を身に付けるのが先だ。
まったくしゃべれないなら友達にはなれないわけで、
友達を作りたいなら自分が先に努力を済ませておくべきだろう。


友達になるには自分にもそれ相応の魅力が必要だし、
相手に何かしてもらいたいなら
自分も相手のために力を尽くす気持ちがいる。


日本人同士の友達なら言わなくても意識していることなのに、
なぜか外国人を無料英語講師扱いしてしまう人が少なくない。