プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


「絶望トイレからの脱出」をプレイしました

イクスピアリを舞台にした周遊型の謎解きのあと、
SCRAPが運営するナゾビルでのアトラクションに参加した。


リアル脱出ゲーム 感想その19
絶望トイレからの脱出


f:id:IKUSHIMA:20191231084104j:plain
mysterycircus.jp

これはナゾビル内の設置型アトラクションで、
2人組の参加者がトイレの個室に見立てた部屋に分かれて入り、
壁越しに協力しながら脱出を試みるものだ。


f:id:IKUSHIMA:20191231210801j:plain


今はSCRAPナゾビル吉祥寺でプレイすることができ、
30分ごとのスケジュールに区切られたチケットを指定し、
2600円でペアチケットを購入する。


ゲームが始まる前にそれぞれの個室に入り、
15分以内の脱出を試みる。


ひとつひとつの謎はそこまで難しくないのだが、
とにかく協力しないと解けないようになっているので、
お互いの状況を必死で確認しながら進めていく。


f:id:IKUSHIMA:20191231211811j:plain


この謎解きの分け方が絶妙で、
それぞれの個室にある物を合体させたり、
片方からもう片方に指示を出したりと、
協力しながら解決していく作業がとにかく楽しかった。


ひらめき力が同じぐらいの2人が望ましいが、
たとえ謎解き経験が薄くても
状況説明がうまい人となら
ストレスがかからず楽しめるだろう。


謎好きの人とペアを組んで、ぜひプレイしてみて欲しい。


次は大阪の地下鉄を使った移動型謎解きに挑戦した。

最大8人まで協力プレイできるアクションゲームが接待に最適

f:id:IKUSHIMA:20200101230007j:plain
ec.nintendo.com

年末年始は久しぶりに大勢で集まる機会があったりするが、
そんなときに最適なアクションゲームが
PICO PARK(ピコパーク)」だ。


最低2人からプレイできるアクションゲームで、
方向キーとジャンプボタンというシンプルな操作ながら
必ず協力しないとクリアできないようになっており、
どうすれば解けるのかを相談しながら
みんなで盛り上がることができる。


コントローラーさえ用意すれば
なんと最高8人まで同時プレイすることができ、
しかもプレイ人数に合わせたステージ構成になる。


対戦ゲームと違って勝ち負けがないので
誰かが一方的な勝つようなこともなく、
全員で一体となる達成感を味わうことができる。

新幹線の座席は3人掛けの真ん中が一番広い

f:id:IKUSHIMA:20191231082550j:plain


新幹線の3人掛けの座席は
よく見ると真ん中のB席が一番広くなっている。



f:id:IKUSHIMA:20191231083010j:plain


背面に収納されたテーブルから
座席の端までの長さに注目するとよくわかる。


f:id:IKUSHIMA:20191231083156j:plain


通路側のC席を見ると
座席の横幅はテーブルの端ギリギリまでしかない。


f:id:IKUSHIMA:20191231083321j:plain


窓側のA席も同様に、テーブル幅ほどしかない。


景色も見づらく、通路にもすぐ出れないB席だが、
実は座席幅という面では一番リラックスできるのかもしれない。

「Good Night Company」をプレイしました

神戸市の街歩き謎解きから1ヶ月、
今回はショッピングモールを舞台にした謎解きに参加した。


リアル脱出ゲーム 感想その18
Good Night Company


f:id:IKUSHIMA:20191230225556j:plain
blacklabel.takarush.jp

これは東京ディズニーランドのすぐ近くにある
イクスピアリという商業施設での周遊型の謎解きだ。



f:id:IKUSHIMA:20191230234823j:plain


まずはイクスピアリの2階にある
「アルキメデス・スパイラル」という腕時計ショップで
謎解きキット(2000円)で購入する。


f:id:IKUSHIMA:20191230234810j:plain


結構な量の用紙と封筒が入っているので、
それを抱えながら謎解き作業をするのはなかなかに大変だった。
また、ディズニーランド目当ての客ばかりだからか
同じように謎解きをプレイしている人を
ほとんど見かけなかったのは不思議だった。



f:id:IKUSHIMA:20191230235707j:plain


前半はイクスピアリ内を歩き回りながら謎を解いていくが、
難易度は非常に低く、かなりの初心者向けなので
慣れた人ならサクサクと進むだろう。


後半は独特な形式になるので最初は戸惑うが、
用紙だけを使った謎解きになるため
イクスピアリから場所を移してじっくり取り組むことができる。


全体的にサクサクと解けたので若干のあっけなさを感じつつも
適度な気持ちよさを味わいながら
2時間ほどで全部の謎を解き終わることができた。


と思ったのだが、なんとバッドエンドに行き着いてしまった。


f:id:IKUSHIMA:20191231002446j:plain


ルートが分かれた箇所はすぐ思い当たったが、
その部分の作業が非常に面倒だったので
もう一度はじめからやり直す気力がどうしても湧かず、
やむなく解答を見ることにした。


しかし、真のエンディングに行くための手がかりがかなり強引で、
正しい解き方に至る道筋がどうにも納得できない。
「実はこう考えるのが正解でした」という解説に
どうにもモヤモヤした気持ちになった。


同じキットを使いながら2つのエンディングに分岐させるという
精巧に計算された綿密な構成には感心したが、
正解ルートに勘付かせるヒントが無理やりすぎるように思う。


それなら難易度が低かろうが
スッキリした納得感が得られるバッドエンドルートの方が
謎解きとしては面白くて満足できただろう。


せっかくの達成感が台無しになったようで残念だった。


モヤモヤした気分のあとは、2人組になって
トイレの個室に閉じ込められる脱出ゲームに挑戦した。

総アクセス数