プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


あえて4つ星評価のカテゴリを作ったら気が楽になった

f:id:IKUSHIMA:20210328120904j:plain


映画、ドラマ、アニメ、マンガ、書籍と
何かのコンテンツを味わうたびに
備忘録を兼ねて必ずレビューを書くようにしているが、
その中で一番多いのが映像作品だ。


すでに2500本を上回る数になっていて、
その中で他の人にもぜひ観て欲しいレベルの傑作は
5つ星のマークを付けるようにしている。


reblog.hateblo.jp


私にとって5つ星とは「文句の付けようがない名作」で
「DVDやBlu-rayを買って手元に置いておきたいレベル」を指し、
「何かオススメの映画ありますか?」と聞かれたら
とりあえずこのカテゴリーをざっと見返して
相手が好みそうなものを何本か挙げるのだ。


ただ、新たに5つ星を付けるか悩むときに
「あの傑作と同じレベルと言えるかどうか」という判断になるので
たくさんの作品を観れば観るほど
5つ星を付ける基準が上がっていく。


その結果、十分に楽しめた作品であっても
どこかに少し不満があれば
やむなく5つ星を付けないことになるのだ。
映画だと15本観て5つ星が1本あるかどうかぐらいだ。
(ドラマやアニメはイマイチだと思った段階で観るのをやめるが、
 映画については必ず最後まで観てレビューを書く)


そうなると、惜しくも5つ星は付けなかったものの
観て損はないデキだった、というものと
本当につまらなかった作品との区別がつかなくなる。


あとから自分のレビューを振り返ったときに
「これ面白かったはずだけど5つ星にしてないなぁ」と
当時の満足度とのズレを感じることもあった。
しかし、これまで5つ星にした作品と比べると
やはりどこか改善点が残るのも事実なのだ。


そこで4つ星マークを新たに作ることにした。


5段階評価のAmazonレビューは私もよく見るが、
1つ星~3つ星というのは
結局のところ「あまり人に薦められないレベル」であり、
2つ星と3つ星のどちらなのかを厳しく区別する必要はない。


「レビュアーが満足している」と感じるのは
やはり4つ星以上なわけで、
私のレビューにもこれを採用することにした。


reblog.hateblo.jp


4つ星とは、「観て損はないレベル」であり、
「もう一度観てもいい良作」であり、
「それなりの満足度を感じられる作品」だ。


そういった作品に対して私が使いそうな表現をワード検索し、
ひとつひとつのレビューを読みながら
数百件の作品に4つ星マークを付けてみた。
多少見落としがあるかもしれないが、おおよそ完了した。


5つ星が90点以上の作品なら
4つ星は75点以上の作品と言える。
中には傑作に認定する人もいるだろうが、
私にとって4つ星は5つ星よりほんの少し劣る。


この4つ星カテゴリを用意することで圧倒的に気が楽になった。
「割と面白かったな」と思えば気軽に4つ星マークを付け、
まったく満足できなかった作品と区別できるようにする。


暇だから何か映画を観たいけど
ハズレを引いて不満を感じるのは嫌だ、というときに
観返す作品の候補としても使うことができる。

人にバカと言えば風邪をひかないようになる理論

f:id:IKUSHIMA:20210327173707j:plain


「バカと言う方がバカ」という言葉があるが、
この理屈をきちんと整理してみよう。


バカと言われる方(以下P)のバカ具合を「x」とすると、
バカと言う方(以下Q)のバカ具合は「x+α」と表すことができ、
「バカと言う方がバカ」という定理から
「x < x+α」の式が成り立つ。


バカと言われたPはバカではない可能性があるので
xには0が入ることもあるが、
バカと言ったQのバカ具合はPより必ず高いはずなので
αには0より大きな値が入る。
つまり誰かにバカと言った時点で少なからずバカになる。


αが大きくなればなるほどx+αの値も大きくなるが、
「バカな子ほどかわいい」と言われるように、
2つの値の和に比例してQはかわいくなる。


また、「バカと煙は高いところが好き」とも言われるため、
Qは高いところを好むはずだが、
高度とバカ具合が比例するという理論は見つかっていないため、
αの値が大きいからといってより高い場所を目指すとは限らない。
あくまで総じて高い場所を好むということだ。


「バカは風邪ひかない」という定理を考えると
風邪に対しては強力な耐性を発揮するが、
反面、「バカにつける薬はない」ので
外傷には人一倍注意しなければならない。


この特殊な体質については
「バカは死ななきゃ治らない」関係で、
生涯付き合っていく必要がある。


さらに、「バカとハサミは使いよう」なので
彼らは何かしら有益な成果を出すこともできるが、
「バカのひとつ覚え」の言葉通り、
限定された能力しか身につけることができないのが難点。


上記の理由から他人にバカと言う人は
かわいくて風邪もひかないという理論が導き出せる。


これについてさらに深く調べた結果を報告したいところだが、
「バカも休み休み言え」との助言を受け、
ここで筆を置くことにする。

慣用句や語句の由来を知るのが好きだ

f:id:IKUSHIMA:20210325171945j:plain


日常生活の中で意識せずに使っている表現が
どういった事柄から生まれたものなのかという
由来を知るのが好きだ。
たとえば以下のようなものだ。

要(かなめ)

f:id:IKUSHIMA:20210325171955j:plain


非常に大切なポイントを「要」と表現するが、
これは扇子の細長い骨を束ねて止めてある部分を指す。
ここが外れればすべてがバラバラになることから
同様に重要な事柄を要と呼ぶようになったのだろう。

しのぎを削る

f:id:IKUSHIMA:20210325172004j:plain


激しく争う様子を「しのぎを削る」と表現するが、
「しのぎ」とは日本刀の側面にある盛り上がった部分を指す。


刀を持った二者が斬り合うと
互いのしのぎがこすれ合って削れそうになることから、
それほど激しい競争を表す慣用句になったのだ。

成金(なりきん)

f:id:IKUSHIMA:20210325172014j:plain


急に金持ちになった人を「成金」と呼ぶが、
これは将棋が由来だ。


将棋では敵陣に入った駒が
裏返って強化された状態に変わることを「成る(なる)」と言い、
最弱である「歩(ふ)」が成ると「金」に変わる。これが成金だ。

こういった語源や由来を知ると
慣用句の使われ方に「なるほど」と納得できて面白い。
意識せず使っているような言葉の元の意味をいろいろと知りたい。

女子高生の集団が踊る「うっせぇわ」のダンスに見惚れる


インパクトのある歌詞と高校生らしからぬ歌唱力で
大ヒットとなった「うっせぇわ」だが、
登美丘高校ダンス部で有名になったakane率いる
アカネキカクが手掛けたダンス動画が素晴らしい。


他のダンサーで見るような動きではなく、
微妙に違和感のあるダンスで構成されているのが特徴で、
それでいてあまりに曲調にぴったりな振り付けと
かなり手間のかかった映像加工が素晴らしい。何回も観てしまう。

24時間ずっと作業しているWebカメラ映像を作ってみた



Time


あなたが見ているこの瞬間も、私はずっと作業をしています。
24時間、一切休むことなくがんばっています。


作業仲間が欲しいときに
この記事を開けっぱなしにしておけば、
私がいつまでもあなたに付き合います。

総アクセス数