プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


正念場から逃げても自分が追い詰められるだけ


<<中略>>




―――「夏目にーに漫画短編集」第1集より  


創作活動をする人間にとって
自分の作品に自信が持てないことは珍しくないが、
だからといって勝負の場に出ないのは最悪の選択だ。


「まだ完成していない」「見せられるレベルじゃない」
「忙しくて時間がなかった」「人前に出すのが恥ずかしい」
逃げる人がよく言うこんなのは全部言い訳で、
結局は決定的な敗北を味わいたくないだけなのだ。


要するに公衆の面前で比較されて
ハッキリと優劣をつける勇気がないだけだし、
「勝負しなければ辛くない」と思っているのだろうが、
不戦敗はただの敗北よりも格下だということはみんな知っている。


創作物で100%満足できることなんてなかなかないし、
〆切までに完璧な状態に到達することもない。
どのクリエイターも納得できない部分を抱えつつ
腹をくくって作品を発表しているのだ。


そこを乗り越えない限り、まず他人には勝てない。



mclover.hateblo.jp

mclover.hateblo.jp

mclover.hateblo.jp

餃子なら絶対に焼き餃子を選ぶ私でもこの水餃子なら食べたい


togetter.com


餃子といえば絶対に焼き餃子、それがダメなら揚げ餃子と
とにかく餃子はパリッとしていて欲しい私だが、
上記のマンガで紹介されているコウくん家の水餃子なら食べてみたい。


子供が憧れるアイテムの数々よりも魅力的で、
大人が食べても同様に絶賛されて、
しかも他では手に入らない手作りなんて
とてつもなく惹かれてしまう。



reblog.hateblo.jp

上岡龍太郎が30年以上前に語ったテレビ論が現代にもそのまま当てはまる


1990年頃に放送された深夜番組「EXテレビ(エックステレビ)」で
上岡龍太郎がたった1人で延々1時間語った回があるのだが、
30年経った現代にもそのまま当てはまる理屈がいくつも登場して
時代を見通した視点の鋭さに驚かされる。


上記の動画をまるまる観てもらってもいいが、
かいつまんで知りたい人は
17分01秒30分21秒42分10秒あたりを聞いてみるといい。


ウィットに富んだユーモアを交えながらも
テレビや視聴者のあり方を鋭く批判した語り口に
ズルズルと引き込まれて納得してしまう。


人々の心理を的確に言い表わす本当の頭の良さを感じる。

映画に出てくるバーの支払いシステムがわからない


映画でよく出てくるこのタイプのバー、
金を払っている場面を見たことがないんだけど、
一体いつ会計を済ませるルールなのか知りたい。


大勢の客が行ったり来たりしてるし、
追加の注文をするときもメモしている様子がない。
誰が何をどれだけ注文したのか
どうやって管理しているんだ。

総アクセス数