プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


強烈な体験をした「Braid」の衝撃が16年ぶりに甦った


store-jp.nintendo.com


Xbox360時代にプレイして衝撃を受けたアクションゲーム、
「Braid(ブレイド)」がNintendo Switch用に再販された。




基本的にはマリオタイプのアクションで、
敵や罠を避けながら各ステージで
パズルのピースを集めていく流れ。


若干浮遊感の強いジャンプ軌道なので
慣れるまでは敵の踏みつけに失敗しやすいが、
いつでも時間が巻き戻せるのが最大の特徴で
ボタンを押し続けてミスが起きる前の状態まで戻せば
何度でも制限なくやり直すことができる。


この巻き戻し機能は単にミスを帳消しにするだけでなく、
本作のパズルを解く意味でも重要な役目を持っている。




たとえばドアを開けるための鍵が
深い穴の底にあるという状況。




穴に飛び降りて敵を倒し、鍵を手に入れたとしても
主人公のジャンプ力では上まで戻れないので、
普通のゲームなら「詰み」の状態になる。




しかし、ここで時間を巻き戻せば倒した敵が復活するとともに
主人公は穴に落ちる前の位置まで戻る。


このとき、緑のオーラに包まれているものは
時間操作の影響を受けない
ため、
手に入れた鍵に関しては主人公が持ったままとなる。


こんな風に、ルールはかなりシンプルなのに
非常に斬新な解き方の謎がいくつもあって、
アクションゲームの体裁をした優秀なパズルゲームなのだ。




取り方がわからないピースを無視して進んだり、
以前のステージを再度プレイしたりできるため
攻略法がわかったものだけを先に集めて
残りをあとからじっくり悩むこともできる。


とはいえ、ステージ4以降の解法はかなり難しく、
どうしても自力では取りきれないので
適度に攻略サイトを参照する覚悟も必要。
(なぜか一晩寝て次の日にやったらすぐ解けたりもする)


umeda-iroiro.com


そして最後の最後、いよいよ姫を助ける場面では
衝撃の展開が待ち構えており、
本作に対する満足度がもう1段階上がる。


スムーズに進めば数時間でクリアできるボリュームだが、
なかなか他では味わえないトリックが充実しているので
一風変わった作品が好きな人はぜひ遊んでみて欲しい。

地球外のアイテムをセットアップしていく謎解きが新鮮だった

タブレットで遊べる脱出ゲームをプレイしてから数ヶ月、
同じような謎解きの面白さが味わえるゲームを見つけた。


リアル脱出ゲーム 感想その53
Machinika Museum(マシニカミュージアム)」



store-jp.nintendo.com


これは部屋から脱出するわけではなく、
どこかの星で作られた未知のアイテムを
きちんと作動するところまで操作していくゲームだ。




いきなりアイテムが目の前にあるのではなく
まず運搬用の箱から取り出すところが斬新で、
文字による情報はほとんどなく
スイッチやダイヤル、レバーのように見える部品を
適当に触ってみて仕組みを推測していく。




部品が壊れたりゲームオーバーになることはないので
いろいろと動かしたときの反応や記載された記号などを観察し、
それらを関連づけていく推理力と発想力がポイントになる。


各場面でできることが限られているため
とっかかりがなさそうに見えるときでも
試行錯誤していけば正解にたどり着けるようになっており、
ガチャガチャと機械が動いていく様子も相まって気持ちいい。




難点なのはコントローラーによる操作性があまりに悪いこと。
我慢の限界が来て画面を直接タッチすることにしたが、
それでも割とイライラすることが多い。




また、状況を説明する日本語の翻訳が不自然で
何を言いたいのかわからなくて混乱したので
英語に切り替えてしまうことにした。
(といっても文章を読む必要性はほとんどない)




さまざまな形のアイテムが登場する上に
それらがひとつの目的に結びついていて
謎解きをしているだけなのにストーリー性を感じるのもよい。


全9ステージが3~4時間ほどでクリアできるので
まさに謎解きと同じような遊びごたえだった。



無料でプレイできるオンライン謎解き公開中
nightschool.hateblo.jp

Switch版ファイナルファンタジーは経験値4倍モードがあってリピーターには嬉しい


塾講師がゲームを通して子供たちと親交を深めていく話を久しぶりに読んで
どうしてももう一度「ファイナルファンタジー5」をプレイしたくなったので、
Nintendo Switch用に発売されていたリメイク版を買ってみた。


store-jp.nintendo.com


FF5は1992年にスーパーファミコン用に発売された作品で、
当時もドラクエと並ぶ大人気のRPGだった。




ドラクエとは違って横から眺める独特な構図の戦闘シーンと
緻密に描き込まれた敵キャラのグラフィック、



そして能力を引き継いで自由にキャラを成長させられる
ジョブシステムが特徴的な作品だ。


そういった当時の雰囲気を再現しながらも
このリメイクは「ピクセルリマスター」と称して
今の時代に遊びやすいカスタマイズが施されている。

経験値4倍モード


一番大きな特徴がブースト機能で、
敵を倒したときに獲得できる金や経験値を
最大4倍まで増やすことができる。
なんならザコ敵が出現しないようにもできる。


もちろんゲームバランスは大きく変わってしまうが、
スーファミ時代の難易度を乗り越えるには相当な気力が必要だし、
経験値稼ぎやコンティニューに何時間もかけられる社会人は少ない。


特に昔クリアしたことがあるRPGを
こうやってサクサクとプレイできるのはありがたい限り。

オートセーブ機能


ゲームにもともと用意されているセーブポイント以外にも
マップを移動するたびにオートセーブがされるため、
戦闘で全滅してしまってもかなり近いタイミングから復帰できる。


ゲームの進行を妨げずに裏側でセーブ処理をするのは
スーファミではとても無理な芸当だが、
割と死にやすい作品なだけに
最近のゲームと同様に自動セーブ機能があるのは嬉しい。

ミニマップが常時表示


フィールドでもダンジョンでも
画面の隅にミニマップが表示されるので
道に迷って死にそうになる確率は相当に下がった。


これは結構好みが分かれるアレンジで、
迷ってこそダンジョンらしいという意見もあるだろうから
表示をオフにする設定が欲しかったところだが、
ダンジョン踏破の苦労をスキップしたいリピーター勢にはありがたい。

最初からダッシュが可能


ダンジョン内や町の中でのダッシュ移動が
最初からできるようになっているので
それを実現するアビリティの習得は不要になった。


昔のRPGは今と比べると移動速度が遅めなので
こういう快適さを重視した変更は嬉しい。

ナナメ移動が可能


十字ボタンしかなかったスーファミと違い、
スティック操作に合わせて
ナナメ方向にも移動できるようになった。


割と地味な変更だが、広い場所なら
目的地に向かって最短距離で進めるので便利だ。

オートバトル機能


一見、自動的に最適な行動を判断してくれる機能のように思えるが、
本作のオートバトルは単に直前のターンのコマンドを繰り返しつつ
全体を早送りするだけなので、ちゃんと判断しないと死ぬ。


「リピート入力」などという呼び名の方が誤解されにくいと思うが、
強い敵と戦うときはきちんと自分で考えながら入力し、
弱い敵と戦うときだけ手抜きができるという意味ではバランスがいい機能だ。

まとめ


オリジナル版との微妙な違いを嫌う人もいるようだが、
正直、スーファミ時代と比べて
ゲームの難易度が全体的に下がった今となっては
これぐらい大胆なアレンジは十分価値があるように思う。


懐かしい思いに浸りたい気持ちが湧きつつも
当時の難易度や長いプレイ時間を思い返して躊躇していたが、
これぐらいサクサクと遊べるなら
久しぶりにクリアまでがんばってみようと思う。



mclover.hateblo.jp

mclover.hateblo.jp

「The Lake View 青い湖畔と緑の山峰」をプレイしました

最後に謎解きをしてからずいぶん経ってしまったが、
久しぶりによくできた脱出ゲームを見つけた。


リアル脱出ゲーム 感想その52
The Lake View 青い湖畔と緑の山峰



これは見晴らしのいいホテルの部屋から脱出するもので
スマホやタブレットでプレイできる無料ゲーム(Android版)。


このタイプの脱出ゲームは世にあふれているが、
本作は着手できる問題が常に複数用意されている上に
謎解きに必要な情報との関連性がわかりやすいので
どこから手をつけていいのかわからない、という場面が少なく、
ジワジワと解き進めることができるのが嬉しい。


見えないようなスキ間をタップしないと
落ちているアイテムが見つからない、というような
嫌らしい配置も特になく、提示された情報を使って
純粋に解いていくことに集中できる。




宿泊客の姿がチラチラと映るが
本作に登場する人間は基本的に邪魔者なので
いかにその場所から移動させるかがポイントになる。


アイテムはただ使うだけでなく
複数を組み合わせるような場面もあって面白かったが、
「てっきり茶葉だと思ったら別の物だった」という
解釈間違いで混乱したこともあった。




「なんとかクリアしたぞ」とスッキリしていたら
まさかの2ステージ目が始まったのには驚かされた。


このステージはなかなかとっかかりが見つからなかったので
メニューから選べるヒント(広告の視聴が必須)を多用してしまったが、
大きな理不尽を感じる解法はなく、
それに気づかなかった自分を反省できるものだった。


脱出ゲーム好きな期待するような
定期的にスッキリ感が味わえる良作だった。



無料でプレイできるオンライン謎解き公開中
nightschool.hateblo.jp

漢字を読み仮名で撃ち抜いていくゲームが最高にオシャレ


unityroom.com


装弾された読み仮名の文字が当てはまる漢字を
写真の中から探して撃ち抜く「ルビを振るゲーム」がすごく面白い。


出てくる漢字はそれほど難しくないのだが、
次に発射されるルビが決まっている関係で
単語の中のどの位置にその読みがあるのかを考えなければいけない。


ルビが当てはまる場所を写真の中から探していく作業が
まさにスナイパーがターゲットを見つける様子と重なる。
しかも「きょ」などの拗音(ようおん)と「き」が別扱いなのもポイント。


出てくる写真と聞こえてくる環境音が
日本の雰囲気をよく表していて
ゲームをしながら観光しているような気分になる。


ちょっとしたアイデアで新鮮なプレイ感が味わえる良作。

総アクセス数