プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

玄関のカギをスマートフォンで開け閉めできるスマートロックを取り付けてみた

セサミ mini スマートロック本体 パールホワイト + Wi-Fiアクセスポイント 取付簡単 スマートフォンでドアを施錠解錠 Amazon Alexa/Google Assistant/Siri/Apple Watch/IFTTT対応
「スマートロック」という言葉が話題になった数年前、
我が家でも取り付けたいと飛びつきかけた。


しかしカギのタイプが合うかどうかの不安と
「なかなか反応しなくて結局、普通のカギの方が早い」という悪評で
安定した商品が出るまでしばらく待つことにした。


それから数年。ついに良さそうな商品に出会った。


f:id:IKUSHIMA:20190305135630j:plain


それが「SESAME(セサミ) mini」だ。


クラウドファンディングのサイトで募集がかかっており、
いざ届くまでの4ヶ月間、待ちに待った。
実際に取り付けて使ってみた感触をまとめてみる。

ツマミを回すタイプのカギに後付けする

もともとあったカギを取り外したりする必要はなく、
人間がつまんで回す部分に上から被せる形で後付けする。


ツマミの長さや幅、土台の高さなどが基底範囲内かどうかは
サイト上の対応ガイドラインでチェック可能。


スマートロックの導入で一番の難関となるポイントだが、
SESAME miniの対応範囲はかなり広く、
たいていのドアには取り付けられると感じる。

強力な両面テープでドアの内側に接着する

SESAME mini本体はドアにネジ止めしたり
カギを挟み込んで固定するわけではなく、
ドアの内側部分に両面テープで貼り付ける仕様。


両面テープはかなり強力だが、
特定の方向に引っ張ることではがせるようになっており、
賃貸物件のドアでも傷つけることなく取り外せる。

ツマミをうまくつかむよう調整するのが一番大変

うちの玄関カギは運よく規定サイズ内だったが、
何もせずポン付けできたわけではなく、
ツマミをつかむための部品を調整するために
小さなネジを外してズラすという作業が必要だった。


開閉時の回転軸にうまくフィットするためか
ツマミをつかむ部分が意外とユルユルで
「こんなのでうまく回るのか」と不安を感じたが、
実際には何も問題なく動作している。


ただ、ネジがやたら小さく短いことと
付属のドライバーがイマイチすぎて作業がしづらく、
何度もツマミと合わせながら調整が必要で
きちんと取り付けられるまでに小一時間かかった。


f:id:IKUSHIMA:20190305135620j:plain


カギの上側に本体を取り付けるのが一般的なようだが、
うちの場合はカギの土台が縦長だったので
SESAME miniを横に逃がした方がスムーズだった。

専用アプリをダウンロードしてペアリング

Sesame, by CANDY HOUSE

Sesame, by CANDY HOUSE

  • CANDY HOUSE
  • ライフスタイル
  • 無料
取り付けさえ終わればあとは非常に簡単で、
専用のアプリをダウンロードし、
アカウントを作ってSESAME miniとペアリングするだけ。


カギが開いているときの角度と
閉まっているときの角度を覚えさせ、試しに操作してみる。
スマートフォンの操作で実際にカギが開くと感動する。

基本はBluetooth接続、付属品でネット対応になる

ペアリングしたスマートフォンとはBluetoothで接続されるため
開け閉めできる距離は5メートル程度になるが、
別売りされているWiFiアクセスポイント(USB給電)を使うと
それを経由してインターネットにつながるので
外出先からでもカギを開け閉めできるようになる。

普通のカギや手でも開閉可能

SESAME miniはカギに被せる形で取りつけるが、
普通のカギや手を使ってもまったく抵抗なく回せるので
スマートフォンを使わなくてもこれまで同様に開け閉めできる。

電池は1年以上持つ

内蔵の電池に関してはCR123Aが2本使われているが、
1日10回の開け閉めで500日稼働できるということなので
普通に使えば1~2年は持つだろう。


仮に電池がなくなっても普通のカギで開け閉めできるし、
交換する場合もSESAME miniを取り付けたまま
電池だけを入れ替えることができる。

【Good】カギを取り出す手間がかからない

家に着いたときにカバンを開けてカギを取り出し、
正しい向きで鍵穴に挿す、というのは意外と面倒。
スマートフォンはすぐにポケットから取り出せるので
サッとアプリを立ち上げて開ける方が早くて楽だ。


iPhoneならホーム画面左側のウィジットにも登録できるので
わずかな手間で玄関を開けることができる。

【Good】玄関をオートロック化できるのが便利

開けた手段に関わらず、一定時間が経つと
自動的に閉まるように設定ができるので、
自宅でありながらオートロックを実現できる。


防犯面で一番心配なのはカギの閉め忘れだが、
オートロック化することでそれがなくなるのは非常に大きい。
また、出かけるときはカギを一切取り出す必要がなくなるので
手間を減らす意味でも効果的。


ただし、ドアが閉まりきっているかどうかのセンサーがないので
カギを開けてからドアが閉まり切るまでの時間に合わせて
うまく設定する必要がある。


設定時間が早すぎると
デッドボルトと呼ばれる閂(かんぬき)部分が先に飛び出してしまい、
むしろドアが閉まらない状態になってしまう。

【Good】カギの共有がしやすくて便利

ひとつのSESAME miniに対して別のアカウントを追加できるので
スマートフォンを持っている家族ともカギを共有することができる。
設定した期間だけカギの使用を認めるゲスト機能などもあり、
うまく使えばカギの管理がぐっとしやすくなる。

【Good】開閉の履歴が確認できるのが安心

カギを開け閉めした履歴がスマートフォンで見れるし、
そのタイミングで通知させることもできるので、
家族が帰宅・外出した時間をチェックしたり
予定外に開け閉めされたときに警戒することもできる。
これも防犯面での安心につながる。

【Bad】接続方法が切り替わるときが不安定

SESAME miniの不満点はほとんどないのだが、
唯一気になるところといえばここだ。


玄関に近づく前にアプリを立ち上げてWiFi接続のままドアに近づくと
途中でBluetooth接続に切り替わろうとするのだが、
Bluetooth接続とWiFi接続が切り替わりがスムーズでないのか、
WiFiでつながっていた自分自身と同時接続状態になり、
「Busy」と表示されてうまく操作できなくなることがある。


すぐに玄関を開けたくて早めにアプリを立ち上げるのだが、
実際にはBluetooth圏内に入ってから起動した方が
スムーズにつながって速やかな開閉ができる。


一旦アプリを落として再起動すればつながるとはいえ、
玄関の前でなかなかつながらないのはストレスだ。

【Bad】マンション共有部分のカギが不便

スマートロック全体の弱点と言えるが、
オートロック付きのマンションの場合、
エントランス部分のドアに関しては
これまで通りカギで開けるしかないのが残念。


マンションの管理会社が共有部分に
スマートロックを導入してくれることを期待するしかない。

取り付けがうまくいくかどうかや
実際の使用でどれだけ便利になるか不安だったが、
導入してみて非常によかったと満足している。
圧倒的な便利と安心が手に入るので
こういうアイテムが好きな人にはぜひオススメしたい。

Uber Eatsの嬉しいところ・残念なところ

f:id:IKUSHIMA:20190302164905j:plain


スマートフォンから注文するだけで
料理を出前してくれるUber Eats(ウーバーイーツ)。
神戸は早い段階で対象地域になったので
それ以来よく使っているが、その使い心地をまとめてみた。

【Good】都市部ならかなりの店が対象

配達サービスを行っていない店舗でも
Uber Eatsの登録をしていることが多く、
現在位置からだいたい2km圏内ぐらいの
レストラン、ファーストフード、デザート系の店が多数表示される。

【Good】注文から20分ほどで着く

店が料理を用意する時間や店との距離、
配達員が自転車なのかバイクなのかによっても変わるが、
平均的には20分前後で到着する印象。
自分でテイクアウトして自宅に帰るよりはよっぽど早い。

【Good】代金の受け渡しが不要

一般的な出前サービスと比べて非常に大きなメリットが
配達時に商品を受け取るだけでやり取りが完了するところ。
代金はアプリに登録したクレジットカードから引き落とされ、
現金の準備やお釣りの受け渡しなどの面倒がないのはとても楽。

【Good】問題のある配達員はかなり少ない

注文した品物に関しては、店のスタッフではなく
配達員登録している一般の人が運んでくるので
そのあたりのクオリティが気になるところだが、
今まで何回も頼んでめちゃくちゃ遅かったのは1人だけだし、
どの配達員も丁寧な対応ばかり。


注文ごとに配達員も評価するのでイマイチな人は淘汰されるし、
何か問題があればアプリからサポートに報告もできる。

【Bad】なぜか店頭料金より高い

一番の不満は店頭価格より高いところ。


というのもUber Eatsは
250~350円程度の配達料を取ってるのだ。
出前である以上、それは納得できるのだが、
各商品も店頭で買うより1~2割ほど高い。


配達料を取るなら商品価格は店頭と同じにすべきだし、
商品価格が高いなら配達料を載せないで欲しい。

【Bad】雨の日はほぼ使えない

配達員の大半が自転車を使うためか、
雨の日は一気にサービスが停止し、
どの店からもほぼ出前できなくなる。


仕方がないとはいえ、
「明日はUber Eatsで済まそう」と思っていた日に
雨が降ると非常に残念。

古いiPadやAppleWatchはAppleが公式に下取りしてくれる

f:id:IKUSHIMA:20190219155829j:plain
www.apple.com


新しいiPhoneに機種変更するときは
下取りサービスを利用して安く済ませているものの、
iPadやiPodに関しては買い切りなので
古い機種が手元に残ってしまう。


そこで家族や親戚にあげるのだが、
2回目以降は玉突き的に一番古い機種が余ることになる。
7年も前に買ったiPad2なんて
重いし遅いしiOSアップデートもできないし
今さらどうしよう、と思っていたけど、
調べてみるとApple公式で引き取ってくれるサービスがあった。



f:id:IKUSHIMA:20190219161400j:plain


設定の「一般」→「情報」からモデルとシリアル番号を確認し、
サイト上で入力すれば見積もりが出てくる。


あとは送付用の箱が自宅宛てに届くので
そこに製品を入れて着払いで送るだけ。
一切の経費がかからずに作業が完了する。


最終的に査定された金額が
AppleStore使えるギフトカード *1 としてメールで届くが、
使いものにならないiPad2でも500円になった。


型落ちのiPhoneぐらいなら街の買取屋の方がいいかもしれないが、
持っていくのも恥ずかしいような古いモデルなら
このサービスで処分した方が楽だろう。
(ただし、iPodの下取りは2018年4月で終了)

*1:アプリではなくApple製品を買うときに使うもの

アプリを起動しなくてもAppleWatchを付けておくだけで睡眠状態が記録できる「AutoSleep」が素晴らしい

f:id:IKUSHIMA:20181203231958j:plain

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

  • Tantsissa
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360


睡眠状態を記録してくれるAppleWatchアプリ「AutoSleep」。


有料アプリではあるものの、
どのサイトを見ても絶賛されており、
実際に使ってみるとその手軽さと正確さに感心する。


AppleWatch本体の動きや心拍数から
睡眠状態かどうかを自動的に判別してくれるので
寝るときにいちいちアプリを起動する必要がないのが素晴らしい。



f:id:IKUSHIMA:20181203232020j:plain


初期設定のままでもかなりの精度を誇り、
いつ寝入ったか、どのぐらい深い睡眠だったか、
途中にトイレに起きた時刻まで明白。



f:id:IKUSHIMA:20181203232034j:plain


目標睡眠時間をどの程度満たしているかが一覧できるので
自分の寝不足具合を客観的に理解できる。


寝ている間にAppleWatchを充電できなくなるのが気がかりだったが、
もともと1時間ほどで満タンになるので
風呂や食事のときに充電すれば十分だった。


ウィザード形式の設定画面にクセがあるが、
寝つきが悪い人や寝不足気味の人は
ぜひ使ってみて欲しい。

AppleWatchを親指の付け根に着けられるバンドが斬新

f:id:IKUSHIMA:20181114230151j:plain
www.getedgegear.com


AppleWatchをはじめとするスマートウォッチを
親指の付け根に着けられるバンド。


腕時計といえば手首に着けるのが当たり前というイメージだったが、
確かに腕をひねらないと見れない手首の外側より
そのままの角度で文字盤が見れる親指の付け根の方が便利かも。