プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、自己成長や資産運用、ゲーム作りに関することなど。


ポケモンを捕まえる作業が一番辛い

2度の週末をまたいだ「ポケモンGO」だけど、
ゲーム好き、新しもの好きの私もそろそろ楽しくなくなってきた。
(現在、レベル20 / ポケモン70種までプレイ)




地域によって出るポケモンが違ったり、
歩いて卵を孵化させるというアイデア、
課金アイテムなのに他人にも好影響があるルアーモジュールなど
位置情報を活かしたアプリとして評価できる部分は多い。

ただ、肝心のポケモンを捕まえる場面のつまらなさがひどい。




ボールを遠くにまっすぐ投げる必要があるため
スマホの片手操作ではままならず、
いちいち両手で操作しないといけないという面倒さがある上、
なぜか謎のカーブがかかって左右にそれたり、
そのカーブを見越して投げたら今度は曲がらずに飛んでいったりと
プレイヤーの過失ではない失敗がたびたび起こる。

ポケモンとの距離を見極めてボールを投げる、という要素は
プレイヤーの腕が発揮される部分なので問題ないが、
予兆なくカーブする要素や
唐突にポケモンが動いてボールが弾かれる要素は
プレイヤーにはどうしようもないところが多くてウンザリする。

しかもレベルが上がって強いポケモンに出会うにつれて
一度ボールに入ったポケモンが飛び出してくる頻度がやたらと増え、
ちゃんと捕まえたかどうかが判明するまでの待ち時間が長いせいで
1匹1匹とやり取りする拘束時間が増える。

ボールは消耗品なので、せっかくがんばって集めたボールが
どんどん浪費されていくのもストレスだし、
さんざんボールを使った上で逃げられると報われない。

ポケモンの強弱はジムでのバトルにしか関係がないし、
ジムを制圧することの旨みも薄いので、
自分のやり込み具合を誇示するぐらいの意味しかなく、
徐々にポケモンを強化する意欲も冷めてくる。

実際、この1週間で
ポケモンプレイヤーを見かける機会が明らかに減っている。
ただでさえスマホの占有、バッテリーの消耗というデメリットがあるので
そろそろゲームとしての面白さを増すか、
ストレスを感じすぎる部分を対処しないと、
ゲームの寿命が短くなる気がする。

総アクセス数