プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


テレビの音が聴き取りにくい義父に、手元で音声が聞ける無線スピーカーを贈った

妻の実家に訪れることがままあるのだが、
義父は最近、テレビの音が聞こえにくくて困っている様子。

もちろん歳を取って耳が遠くなったこともあるが、
テレビが薄型になったことに伴い、ブラウン管時代と比べて
スピーカーが貧弱になったのも大きい。

かといってボリュームを上げ過ぎると家族も驚くし、
他の部屋まで音が漏れるのでそれも困る。

どうやら同じ問題で困っている人は世の中にたくさんいるらしく、
家電量販店に行くと補助スピーカーがたくさん売っていた。
その中から良さそうなものを購入。


上のスピーカー部分はバッテリー搭載で
充電台から取り外して近くに持ってこれる。
充電台にはテレビの音声出力をつなぐ端子があり、
その音声をスピーカーへと無線で飛ばしてくれる。

スピーカー部分には音量調整以外に
テレビのリモコンと同じ役目をするボタンがついているので
それだけでテレビの操作もできる。
なんとケーブルテレビのリモコンにも対応しており、
テレビ本体ではなくケーブルテレビの受信機のリモコンを
主に使っていた両親にはピッタリだ。

テレビ側の設定によって
イヤホン端子と本体スピーカーの両方から音声出力されるようにするか、
光デジタルケーブルによって接続すれば
テレビ本体からの音声は切れなくて済むため、
他の家族は普通にテレビを見ることができる。

スピーカーの指向性が高いため、
離れた位置にいればほとんど干渉しないし、
音の遅延がほぼないため、サラウンドっぽく聞こえる。

高齢者向けに大きい表示でシンプルなボタンも素晴らしく、
全体的に完成度が高くて満足できる商品。

総アクセス数