プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

炭水化物を炭水化物で食べてるんじゃなくて、ご飯に合うから食べてるだけ

f:id:IKUSHIMA:20180125112417j:plain

「炭水化物を炭水化物で食べるなんて」みたいなことを
未だに聞くけど(主に関西の食文化をバカにした雰囲気で)、
そういうときに「焼きそばパン」とか
「ラーメンとチャーハンのセット」とか
「ピザとパスタの組み合わせ」とかは
まったく言及されないのがどうにもモヤモヤする。

単に白米に対するおかずとしてお好み焼きやたこ焼き食べることに
ケチをつけたいというか、論破するための材料に
「炭水化物を~」という理屈を持ち出しているのだろうが、
そもそも普段、何かを食べるときに
炭水化物とかたんぱく質とかで分類しながら構成するのか。

要はご飯に合うか合わないかが大事なのであって、
味の濃いソース系はご飯に合いやすいというだけ。
それを嬉々として「炭水化物を炭水化物で~」とか言い出されると
ハァ~ってなる。それ言いたいだけだろう。