プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

誰かに投資を勧めるのは難しい

f:id:IKUSHIMA:20180118153904j:plain

貧乏父さんはよく「投資は危険だ」と言っていた。
金持ち父さんはよく
「危険なのはファイナンシャル教育を受けていないことだ」
と言っていた。
   ―――「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」より

経済、会計、投資について
勉強すればするほど上記の言葉が身に染みるが、
投資の必要性を理解させるのは非常に難しい。


ある瞬間に「自分と同じように投資をした方がいい」と
投資に否定的な人に言っても
「儲かるかどうか結果を見ないと信用できない」と言われるだろう。
そして実際にいくらかの時間をかけて投資を成功させたあと、
「投資が有効だとわかっただろう。さあ始めよう」と言うと
今度は「あのときとは状況が変わってる。今は危ないかも」と言われる。


投資家は「今、投資しないこと」をリスクと考え、
そうでない人は「投資すること」をリスクと考える。
この溝が埋まらないため、非投資家は動かないのだ。


そこで、
「投資するかどうかは後で決めたらいいけど、
 とりあえず経済と投資について勉強すると得する機会が増えるよ」
と言うことから始めるのはどうだろう。
実際に勉強を始めたなら自然と投資の効果は理解できるし、
これで動き出さない人は結局、行動力が足らずに投資で失敗するからだ。



私が資産運用に関して猛勉強した内容を
初心者でも理解できるようにまとめた本が
Kindleで読める電子書籍として発売中です。
資産運用に無関心な人が読む本
(2016-08-03)
売り上げランキング: 7,129