プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

自分が手を出さないことを正当化するために他人を批判する人

f:id:IKUSHIMA:20180118093546j:plain
katsumakazuyo.hatenablog.com


めちゃくちゃに納得する。


特に、
「自分が使いたくても使えないもの、あるいは使おうとしないものに対して、
 何らかの不都合がないと使わない理由が成り立たないため」
という部分。


単純な話、何か新しいものを買った人が周りから称賛されていると、
それを持っていないくせに
「○○はここがダメだ」「そんなものはいらない」と
批判してくる人がいる。


妬む気持ちを抑えきれずにケチをつけてしまうのだろうが、
持っている人の気分を悪くさせるだけだし、
卑屈になるばかりで何のプラスも生まない。


もちろん、なぜしないのか意見を求められたときや
一緒にしようと誘われたときに断る場合は
どこが気に入らないのかを説明すればいいと思うが、
聞かれてもいないのにわざわざ聞こえるように不満を言うのは
まさに酸っぱいぶどうになるだけだ。


以前も書いたが、妬むより羨む方が幸せになれるのだ。
周囲の成果や満足を素直に喜ぶ姿勢を保ちたい。




こういった内容に共感してもらえる人向けの
Kindleで読める電子書籍が発売中です。
必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932