プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

優越感を得る手段を間違えると成長が止まる

f:id:IKUSHIMA:20180120143130j:plain


誰でも「周囲からスゴイと思われたい」という欲求があるものだが、
その欲求を満たす手段を間違えると、成長できない人間になってしまう。


たとえば「ギャンブルで当たった」「高い物を買った」というような
運やお金のおかげで手に入れた成果だ。
周囲からうらやましがられるので気分はいいが、
結局は本人の能力ではないため、ちっとも成長はしない。


ソーシャルゲームはこの2つの要素がともに含まれるので、
「ガチャでスゴいキャラを引いた」
「大金を課金して強い状態を手に入れた」
ということを心の拠り所にしてしまうことが多い。
当人はひたすら自慢げに語るが、
実際には能力となんら関係がないため
本当の意味で尊敬されることはない。
(また、こういう人ほど他人の成果を妬む傾向にある)


正しくは、スキルや努力によって成果を得ることだ。


違いは「再現性があること」。
スキルを発揮して成果を得た人、成果に必要な努力ができた人は
また別の機会に成果を手に入れる確率が高くなる。
人々はその部分に尊敬するのだ。


人にスゴイと思われたいなら
スキルを磨き、努力を重ねよう。


こういった内容に共感してもらえる人向けの
Kindleで読める電子書籍が発売中です。
必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932