プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


アニメ「3月のライオン」のいじめのエピソードが心に刺さる

3月のライオン 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
reblog.hateblo.jp

アニメ「3月のライオン」の第2シーズンにおいて
第4話(通算では第26話)あたりから描かれる
いじめのエピソードが非常に辛い。


原作マンガでもたいがいキツい内容だったが、
動きと声が加わるアニメだと
いじめ独特のドロドロ感が強調される。


ターゲットになっているヒロインは決して弱いキャラクターではなく、
むしろできる限りの行動を見せるし、
学校に通い続ける根性を持っているのだが、
孤立した立場で頼れる味方がいないために
どれだけ踏ん張っても状況が一向に改善しない歯がゆさを感じる。


第13話(通算では第35話)あたりで一応の解決を迎えるが、
現実世界ではこの結末が永遠に訪れないのだから
それはそれは辛い世界だろう。


「いじめられる方にも原因があるのでは」
「『やめて』と言い返せばいいのに」
などと、いじめられっ子を批判する人は
ぜひこのエピソードを観て欲しい。

総アクセス数