プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

いよいよWebサイトの常時SSL対応が標準化されつつある

f:id:IKUSHIMA:20180223171337j:plain


以前にもブログをHTTPS化(常時SSL化)したことについて書いたが、
いよいよそれがWebサイトの標準になりつつある。


というのも、このたびアップデートされた
Google Chromeのバージョン69では
HTTPS化しているサイト*1を特別扱いしないようになったのだ。


f:id:IKUSHIMA:20180905163326j:plain
f:id:IKUSHIMA:20180905163333j:plain


セキュリティを守っていることが当然とされ、
わざわざ「保護された通信」と表記しなくなった。


おそらく今後のバージョンでは
非対応サイトを閲覧しているときの
警告表示を強めていく流れになるだろう。


2bcool.net


今はまだ企業サイトでも常時SSL対応していないところが多いが、
サイト閲覧時の見劣り感や警戒心は
企業自体のマイナスイメージにつながるので、
この数年で一気にHTTPS化の波が来るだろう。

*1:URLが「http://~」ではなく「https://~」となっているセキュリティの高いサイト