プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

反対するくせに自分では何もしない人たち

f:id:IKUSHIMA:20180927095443j:plain


何か新しい変更や提案をしようとすると
とりあえず不満を漏らして反対する人が必ずいる。
成果が出なければ「だから言ったのに」と自分の正当性を主張し、
成果が出たら自分には無関係だとばかりに影を潜める。


難癖をつけて反対するだけなら簡単だし、
反対派になれば行動を起こさなくて済む。
新しいことは何もしたくないし、
失敗するぐらいなら今のままでいいと考える「現状維持派」なのだ。


mclover.hateblo.jp


実際には当事者の1人なのに
バックネット裏でヤジを飛ばす見物客のような顔をする。
リスクがあることには関わりたくない厚顔無恥なのだ。


新しいことをしなければ失敗しないと思っているのかもしれないが、
食糧庫の中身が尽きてきているなら誰かが狩りに行く必要がある。
それでも反対を繰り返すのは果たして安全と言えるのか。


「狩りに出たらケガをするかも」
「少なくとも明日の分の食料はある」
「俺は行かない」
そう叫んでおきながら
誰かが危険を冒して獲物を持ち帰ったら
素知らぬ顔して食べるくせに。