プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


週3日を完全食に置き換えたらメリットがたくさんあった

f:id:IKUSHIMA:20190628091916j:plain


例年の健康診断が迫る中、食生活の改善にならないかと
週のうち3日間(月・水・金)の食事を
完全食の中で一番気に入っている「Huel」に置き換えてみることにした。


食事をしないストレスや辛さを感じるかと心配したが、
これが意外にも快適で満足度が高かった。妻からも好評だった。

食事を用意する手間がかからない

食材を切ったり調理したりする必要がなく、
粉と水を入れてシェイクするだけ。
わずか数分で準備ができるので圧倒的に楽。

短時間で食事が済ませられる

1回あたり400ml(304kcal)を1~2杯飲むが、
チビチビと飲んでもせいぜい20分ほどしかかからない。
結構な水分を一緒に摂ることができるし、
すぐに空腹感が消えるので食事自体がシンプルになる。

食器を洗う手間がかからない

意外に大きなメリットがこれで、
汚れるものがシェイカーしかないので
洗う食器がほとんどない。
完全食生活を始めてからは
食洗器を動かさない日々が続いた。

食材を買う手間がかからない

調理する必要がないということは食材もいらないわけで、
買い出し担当の妻の帰りがやたらと早くなった。
賞味期限や献立に悩む必要もなくなった。

食費もそれほどかからない

Huelは1パック7040kcalで3600円。
1キロカロリーあたりおおよそ0.5円なので、
1日に必要なカロリー分を飲んでもそれほど高くはない。

特定の日だけを完全食に置き換えるのはアリ

とにかく手間と時間が劇的に節約できて
買い物や調理や片付けに使っていた時間を
ほかのことに回せるようになった。


週3日だと普通の食事や外食も適度に楽しむことができ、
ほとんど負担を感じずにメリットだけ味わえるので、
完全食に抵抗感のない人はぜひ試してみて欲しい。

総アクセス数