プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


いざ自分が親の年齢になってみると、いろいろと未熟だった


30歳や40歳という歳になると
自分が子供だった頃の親の年齢に追いついたことになる。


当時は両親はあらゆることを知っていて、仕事もできて、
生活に困らないだけのお金を持っているものという認識だったが、
いざ自分がその年齢になってみると
知らないことはたくさんあるし、失敗や間違いだってするし、
経済的な不安も一向に減っていない。


世間で「親」と呼ばれているものが
こんなにも普通で頼りない存在だったことに気づく。
父親も母親も何も特別な人間ではなかったのだ。


そしてそんな状態で家を建て、
子供を育てていたことを考えると、改めて尊敬する。
親はいろいろな不安の中でがんばってくれていたのだ。



mclover.hateblo.jp

総アクセス数