プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、自己成長や資産運用、ゲーム作りに関することなど。


高校を卒業すると「運動ができること」の価値が急激に下がる


子供の頃、運動ができる人は勉強ができる人よりも遥かに人気があって、
体育や部活で活躍しているとキャーキャー騒がれたものだが、
高校を卒業すると運動している姿を見せる機会は激減し、
勉強ができる人の価値が急騰する。


あの逆転現象はなんなのだろう。


中高生たちは「三角関数や微分積分なんて将来の役に立たない」と嘆くが、
正直なところ、バスケや跳び箱や鉄棒の方が将来の役に立っていない。


大人になるとコミュニケーションに長けていたり
リーダーシップがある人の方が人気が集まるようになるし、
知識があって頭の回転が早い人の方が頼りになる。


私も学生時代ずっと運動が苦手で、
スポーツが得意な人がうらやましくて仕方なかったが、
今となっては何の執着心も湧かず、
仕事ができる人の方がよっぽど尊敬できるようになった。



mclover.hateblo.jp

総アクセス数