プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


学生の3分の1以上が数百万の借金をしている異常な現実

f:id:IKUSHIMA:20200619224548j:plain


高校を出たばかりの若者が
数百万円の借金をして高級車を買おうとすれば、
「金を貯めてからにしろ」だとか
「数百万という値段の意味がわかっているのか」だとか言って
周囲の人間は全力で止めるだろう。


しかし、なぜか学費のための奨学金となると
その数百万の借金が平気で受け入れられてしまう。



f:id:IKUSHIMA:20200619224010j:plain


貸与型奨学金を提供する代表的な団体である日本学生支援機構が
サイト上で公開している資料によると
無利子の第1種でも約240万円
利子の発生する第2種は340万円ほども借りられている。



f:id:IKUSHIMA:20200619224307j:plain


奨学金を借りている学生は年々増えており、
学校によっては在校生の半分以上が奨学生だったりする。


「奨学金」という言葉でマイルドに表現されているが、
返済義務がある以上、間違いなく借金であり、
しかもその名義は学生本人だ。
返済が滞れば個人情報信用機関のブラックリストに登録され、
クレジットカードやローンの契約ができなくなってしまう。


公式サイトに掲載されている返済パターンを見ると、
毎月の給料から返済していく生活が卒業後15年も続く
借金を完済できるのは30代半ばだ。


在学期間が1年長くなるごとに
100万円規模で借金が増えていくのだが、
学校に長期間通ったからといって
そのコストを回収できるだけの職に就けるとは限らない。


これほど責任の重い決断を
大学や専門学校に入学する前の高校生に背負わせているのだ。
多くの若者がその重みを理解できないまま
非常に気軽に奨学金に手を出してしまっている。


本当に奨学金を借りるしか手がないのか、
数百万という借金がどれほど大きいものなのか、
学生たちはもう一度振り返ってみて欲しい。


mclover.hateblo.jp

総アクセス数