プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


遠近法や錯覚がそのまま現実に反映されるパズルゲームが斬新

f:id:IKUSHIMA:20200718122606j:plain
ec.nintendo.com


開発中のデモ動画が公開されてからずっと楽しみにしていたゲームが
Superliminal」と名付けられてついに発売された!


これは遠近法や錯覚などの視覚を利用したFPSパズルで、


f:id:IKUSHIMA:20200718123554j:plain


たとえば缶ジュースを持ち上げて、


f:id:IKUSHIMA:20200718123618j:plain


遠くの方を見ながら手を離すと、


f:id:IKUSHIMA:20200718123639j:plain


その距離感で実際に大きくなってしまう。
手元にあった小さなものが
小さく見えている遠くの物体として扱われるのだ。


この作業を繰り返すと


f:id:IKUSHIMA:20200718122606j:plain


物体をいくらでも大きくできる。


逆に、大きなものを小さくしたり
遠くに見えているものを
手元にある物体として引き寄せることもできる。


ほかにも錯覚を利用した演出が凝っていて


f:id:IKUSHIMA:20200718124040j:plain


出口へと伸びる廊下かと思いきや、


f:id:IKUSHIMA:20200718124117j:plain


そういう絵が描かれただけのオブジェだったり、


f:id:IKUSHIMA:20200718124146j:plain


柱や壁に描かれた謎の模様を


f:id:IKUSHIMA:20200718124239j:plain


綺麗につながるような角度や位置から見つめると、


f:id:IKUSHIMA:20200718124306j:plain


実際に物体として取り出せたりする。


かの名作「ポータル」シリーズと似た世界観のFPSパズルで
新しいエリアを訪れるたびに斬新なアイデアがある。


終盤は頭がおかしくなるような見せ方が続くが、
なんとかギリギリ自力でクリアできた。
常に新鮮な体験ができる良作。

総アクセス数