プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


就職活動で内定できるかどうかの判別式を作ってみた


就職活動を成功させるためには
どれぐらいの会社に応募して
どういった部分の対策をすべきなのか、
それを割り出すために数学のような判別式を作ってみた。



就職活動で内定をもらえるかどうかの判別式
D = 応募数 × R × W × E × i1 × i2 × i3

R:書類審査突破率 i1:1次面接突破率
W:作品審査突破率 i2:2次面接突破率
E:筆記試験突破率 i3:最終面接突破率

上記の式で「D ≧ 1」なら内定できる
(突破率はそれぞれ0~1。30%なら0.3、100%なら1)


例えば書類審査の突破率が0.5なら応募数は最低でも2社必要だし、
1次面接突破率が0なら永遠に内定できない。
どこが内定の障害になっているのかを見極めて
その部分の突破率を上げるよう努力するべきだ。


私の体感では、平均的な学生は
 書類審査突破率(R)=0.9
 作品審査突破率(W)=0.4
 筆記試験突破率(E)=0.6
 1次面接突破率(i1)=0.7
 2次面接突破率(i2)=0.4
 最終面接突破率(i3)=0.8
といったところ。


これだと0.9 × 0.4 × 0.6 × 0.7 × 0.4 × 0.8=0.0483...となるので
判別式を1以上にするには応募数が21社以上必要になるが、
学生が内定するまでに受験する企業数も平均20社ほどだ。


自分を振り返っておおよその突破率を当てはめれば
どこに弱点があるのか、応募数が不足していないかがわかる。

総アクセス数