プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、自己成長や資産運用、ゲーム作りに関することなど。


日清の完全メシ「豚辛ラ王 油そば」を試してみた


www.nissin.com


先日のカレーメシに続き、
日清が売り出している完全メシブランドの中のひとつ、
豚辛ラ王 油そば」を食べてみた。

作る手間が大きくてやや面倒


かなり大きなパッケージの中には4つの小袋が入っており、
そのうちかやくだけを麺の上に入れてお湯を注ぎ、
5分待ったあとにカップ焼きそばのように湯切りをして
さらに3つの袋の中身を入れてかき混ぜる必要がある。


入れたお湯を捨てる必要があるので食べる場所を選ぶし、
合計4袋もの材料を入れなければいけないのはかなり面倒。
このあたりはインスタント食品として手軽さに欠ける。

匂いにクセがありすぎてギブアップ寸前

小袋を入れてかき混ぜたあたりでブワッと匂いが立ち上るが、
これがかなりクセがあり、臭いタイプの豚骨ラーメンを思い出す。
そのせいで食べる前から食欲が失せてしまい、
かなり無理して食べることになった。


汁のない混ぜそばのような見た目だが、
食べた印象としても特別おいしいと思わず、
とにかく匂い(臭い)を我慢して食べ切るしかなかった。
辛さレベルは5段階中2だったが、割と辛さも感じた。

1食あたり429円

油そばはひとつ429円。
しかも453kcalとカレーメシよりもカロリーが低いのが驚き。


完全メシブランドのひとつなので
もちろんさまざまな栄養素が含まれており、
そのバランスも考えられている。


www.nissinkanzenmeshi.com


ただ、だからといって定期的に食べるかというと、
残念ながら私はもう2度と買わないだろう。


油そばを食べた経験がほとんどないので
どの油そばもこういった香りがするのかもしれないが、
とにかくクセのある匂いで受け付けなかった。


パッケージとしても体積が大きくて常備しにくいし、
わざわざこれを完全食として愛用しようと思わなかった。

総アクセス数