プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

セルフ祭 セルフレポート

この週末、大阪にブラッと行ってきたが
そこで行われていた地元イベント「セルフ祭」が
あまりに衝撃的だったので
誰に頼まれるでもなくセルフでレポートしてみる。

f:id:IKUSHIMA:20180831090910j:plain
場所は有名な大阪のシンボル「通天閣」のすぐ近くだが、
地元密着型の市場のため、観光客はこっちまで全然来ない。
来たとしても、アーケード商店街よりも
さらに地味な市場の通りにはまず立ち寄らない。
串かつやスマートボールなどの定番スポットとは無縁の地。

f:id:IKUSHIMA:20180831090916j:plain
閑散としていたが、セルフ祭は間違いなく開催中であり、
「セルフ」の名の通り、自作された看板で彩られている。

f:id:IKUSHIMA:20180831090925j:plain
入って早々に目にしたのが「セルフみくじ」。セルフのため店員不在。
「ここに金を入れる」と指示があるが、
金額もセルフなので自分で決めていい。

もしアタリが出たら横の景品箱から
セルフでお菓子を取っていい。
何か願い事がある人は願いを書いた紙を
セルフで横の壁に貼ることができる。
テープは備え付けだが、紙やペンはないため、
セルフで持参するとよい。

ここではすべてがセルフ。それがセルフ祭。
「自分のことは自分でやる」という大原則が活きている場所。

f:id:IKUSHIMA:20180831090943j:plain
セルフ祭は市場のアーケード内で展開されているため、
突如として普通に品物が展示されている。

上から下まで2センチずつ直径の異なる鍋が
マトリョーシカのように並んでいたが、
「3倍長持ち」の「1倍」が
どの鍋を対象にした計算かは説明されていなかった。

f:id:IKUSHIMA:20180831090955j:plain
セルフ祭は原則として禁煙らしく、
個人個人のセルフモラルが問われるところ。
喫煙者に向けて専用の案内が出ている。

f:id:IKUSHIMA:20180831091002j:plain
喫煙所を覗いてみると、ここはもはや外。
喫煙所にしてはイスが一方向に並んでいて珍しいなぁと思ったら

f:id:IKUSHIMA:20180831091934j:plain
赤い台の横に「セルフステージ」の文字。
ここはどんな芸でも披露できる場所。
「今にきっと舞台に立ってやる!」と意気込む各種タマゴのみなさん、
セルフ祭のステージなら今すぐ立てます。

f:id:IKUSHIMA:20180831091019j:plain
ステージに面したイスには「セルフ客」の表示。
演者は主催者も兼ね、セルフで客集めまでしなければならない。

f:id:IKUSHIMA:20180831091040j:plain
喫煙所を出るとデモパレードの本部がある。関係者は不在。
どんなことを主張しても自由らしく、
仮面や鳴り物などは貸してくれるようだ。

f:id:IKUSHIMA:20180831092203j:plain
知っておくべき情報はひとつ、
16時集合で16時半スタートということだけ。
ここに集まる人とどんな顔して接すればいいのかわからないけど
そんなときは仮面をかぶればいいのです。

f:id:IKUSHIMA:20180831091102j:plain
自作のミサンガを売ってる店。ミサンガとか久々に見た。
またも店員は不在で、「13:00ごろ帰ってくるよ」という書き置きと
「お金はツボに入れて下さい」という指示。

もうセルフ祭ではすべてがセルフだ。
完全自動化で店員不在という未来型の販売形態。
店員が無事に帰ってくることをミサンガに願おう。

f:id:IKUSHIMA:20180831091111j:plain
歩いていると壁一面に貼られた写真たち。よく見るとみんな寝てる。
眠気に負けて居眠りしちゃった人たちを撮った写真集らしく、
寝てる人」と同じコンセプト。

しかしセルフ祭は見るだけでは終わらない参加型イベント。

f:id:IKUSHIMA:20180831091121j:plain
「ねてね」という指示と、そこに置かれた1畳のタタミ。
居眠りする人たちの写真に囲まれつつ、
自分自身が寝てこそ「ねてる人」のアートは完成するのだ。

f:id:IKUSHIMA:20180831091130j:plain
至るところに貼られているポスターも手作り感まるだし。
それでいて背景に脳ミソ柄を選ぶところなどは
普通の祭にはないセンスなのだ。

f:id:IKUSHIMA:20180831091140j:plain
大きな衝撃を受けたブースのひとつ、「セルフ教室」。
中にはホワイトボードだけが設置されていて
自分で好きな教室を好きな時間に開くことが可能。

f:id:IKUSHIMA:20180831091149j:plain
現在予定されている授業は15分で学ぶスワヒリ語だ。
セルフ教室なら誰でも先生になることができる。

f:id:IKUSHIMA:20180831091158j:plain
セルフ祭の片隅にはなぜか前輪だけが取られた自転車多数。
前輪だけが役に立つ用途ってなんだ。

f:id:IKUSHIMA:20180831091209j:plain
わずか100メートルほどの間に見所ありまくりのセルフ祭。

f:id:IKUSHIMA:20180831091219j:plain
立ち寄ってすぐのときにはあまりの手作り感に
近所の小中学生の企画かなぁ、と思ったけど
かなり飛び抜けたセンスの一面があって、
「これは一周まわった人がたどり着いた境地だな」と気づいた。

f:id:IKUSHIMA:20180831091515j:plain
一番目を引いていたのは「ミノムシ男」だろう。
どうやって登ったのかわからないが、かなりの高さ。

f:id:IKUSHIMA:20180831091528j:plain
一応、左腕だけは出ていて、
スマートフォンの操作ができるようになっている。
そこでTwitterでつぶやいたり、下を通る人と会話したりしてた。

f:id:IKUSHIMA:20180831091555j:plain
たくさんの写真を載せたけど、撮影するのに勇気が足らなくて
残念ながら紹介できていないポイントもまだまだあった。

わずか3日間だけの開催だったようだが、
シャッター通りの新しい可能性を見た感じで
こういう企画もアリだな、と思った。

●セルフ祭周辺の妙なもの

セルフ祭の周辺にあった変なものを紹介。
セルフ祭自体も相当に変なイベントだったけど、
そこから遠くない場所にも普通じゃないものが多数あった。

f:id:IKUSHIMA:20180831093406j:plain
床屋の前にあるやたら濃い人形。
あまりにインパクトが強すぎて
カットが700円という破格料金が目に入らない。

f:id:IKUSHIMA:20180831093412j:plain
ものすごく汚い自販機。どうやったらこんなに汚くなるのか。
とても人気爆発してるように見えない品々。

f:id:IKUSHIMA:20180831093420j:plain
かと思えば各種電子マネーに対応した最新型自販機まで。
大阪は時代背景がおかしい。今は西暦何年だ。

f:id:IKUSHIMA:20180831093426j:plain
ここのコインロッカー狭すぎ。
他の客が入っていたらすれ違い不可能。
デカい荷物を入れようにも、反対側のロッカーにつかえる始末。

f:id:IKUSHIMA:20180831093434j:plain
喫茶店で休む飼い主に置いていかれた犬。
茶色いものに囲まれた茶色。

f:id:IKUSHIMA:20180831093440j:plain
自転車を下りずにそのまま買えるタバコ屋。
っていうか、タバコ屋はそれが普通だろう。

f:id:IKUSHIMA:20180831093447j:plain
自販機を「カフェ」と言い切ってしまう大胆さ。
メイド喫茶もここまできたか。

f:id:IKUSHIMA:20180831093453j:plain
「アヤ&ミワ」って誰だ。
ここに引っ越したら住所を書くたびにその質問を喰らいそう。

f:id:IKUSHIMA:20180831093501j:plain
女性をホテルに誘うのは勇気がいるもの。
ここなら「ちょっと王将行かへん?」と自然な誘い方が可能。

セルフ祭だけが変なのかと思ったら
大阪はこんな感じが平常なのかもしれません。
テーマパークとは別のベクトルを持ったファンタジー。おいでやす。