プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

週末グアムぶらり旅

先日、普通の週末にグアムにぶらりと行ってきた。

旅行会社を通さずに、飛行機とホテルと
実弾射撃の予約だけネット経由で取り、
あとは適当に行動するという上級者っぽいスケジュールだけど、
海外はハワイにつづいて2回目の初心者です。

●日本からグアム到着まで

片道3時間半ほどの飛行機に乗ってグアムへ。
12月だったけど、驚くほどの暑さ。
日本の夏と同様の蒸し暑さと熱射で出歩くのが辛い。


空港からホテルへ行くためにタクシーを使う。
ここで、グアムのタクシーはまったく黄色でもなく
屋根に表示灯もついていないことを知る。衝撃。

見た目が普通すぎてタクシーと普通車の見分けがつかないし、
道路の端で手を挙げて止める文化もない。
基本的にホテルとかショッピングセンター前にあるタクシー乗り場を使う。


かなり暑いが、クリスマスの時期でもあるので
散歩しているシェパードもこの通り。


ホテル到着。
ネットさえあれば海外でも平気。それがネット依存症。


勝手に携帯網使って莫大な通信料にならないよう、
設定でローミング通信をオフにしておき、
あとは現地でモバイルルーターや公衆無線を利用した。

●日本語と日本人が多すぎるグアム

英語の実地練習になるかと思ってたグアムだが、
そもそも日本語多すぎ。日本人も多すぎ。

行きかう人の大半が日本人。少しが中国人。
残りわずかが現地の人、という感じ。

よく考えたらアメリカ人はハワイの方が近いわけだし、
わざわざ金と時間をかけてグアムまで来る必要がないのだ。


ホテルに置いてある雑誌も日本で見たやつばかり。
キヨスクかと思うレベル。海外に来てまで読みたくない。


売店も外国の雰囲気なさすぎ。グアムの空港だぞここ。


街の看板まで日本語にあふれてる。
イソターネツトコーナーをぜひ体験してみたかった。


大阪のおばちゃんが好みそうな服まで売っている。
日本から2500キロも離れているはずなのに
地元のサティをうろうろしている雰囲気になった。それがグアム。

●グアムで食べたもの

グアムでは料理もいろいろと味わった。


ステーキは14オンス(約400グラム)もあったりして
とても食べ切れないので、1人前を2人で分けたり。


霜降りがそれほど好まれないためか、
基本的に赤身でしっかりした肉が多い。
少し食べただけでかなり満腹に。


気になったのは、どこの店でも紙ナプキンがないのだ。
もちろん、おしぼりなんてまったく出てこない。


なのに素手を使うメニューがやたら多い。
グアムの人はベタベタになった手を拭こうと思わないのか。


もう絶対に手が汚れるメニューだったりして、
このときばかりは日本のおしぼり文化が恋しかった。


それはそうと、料理についてきた
超小さなタバスコがかわいかった。

●グアムのショッピングモールへ

グアムにはそれほど予定も決めずに行ったので
空いた時間にショッピングモールにも寄ってみた。


めちゃくちゃ暑いグアムだが、
ショッピングモール内には雪景色を模したツリーが。
しかも人工の雪を降らせるサービスまで。

その中を走る機関車に乗れる子供向けサービスもあって、
どんな風に走るか楽しみに待ってたけど
20分経っても走り出さないので飽きた。


ビスケットらしきものを売る店だが、ウィンドウ内に置かれた
ピザみたいなビスケットが気になった。
すごくうまく描かれているけど、食べ物の色じゃない。


海外なのに見慣れた店を見るとちょっと不思議な感じで安心する。
でも「楽天トラベル」とでっかく書かれた店を見たときは
海外に来たワクワク感がゼロになった。


ものすごい大きさのエイリアンのオブジェを展示した店。
こうなったらツリーなんてどうでもいいじゃないか。


反対側にはさらに大きなプレデターが待ち構える。
エイリアンvsプレデター状態の間を通り抜けて店内へ。


屋内なのにジェットコースターまで走る遊園地が。
たまにスゴイ音を立てて小型のコースターが疾走する。逆にコワイ。


立体視のストリートファイターを裸眼でプレイする親子。
ブレブレの画面でも名作は楽しいのでしょう。

●グアムを歩いてみた様子


グアムの横断歩道はこんなだ。
単なる道路の継ぎ目に見えるけど、みんなここで待つ。


おそらく渡りたいときにこのボタンを押せばいいのだろう。
ルールは知らないけど意味がわかるユニバーサルデザイン。

ハワイと同様に車は赤信号でも右折できるので
青だからといって安心しすぎないようにしよう。


回転寿司にとどまらず回転焼肉まで。
グアムの日本文化は日本より先を行っている。
どういうシステムか気になったが、残念ながら立ち寄らなかった。
回る鉄板の上を肉が運ばれていくのだろうか。


映画でもよく見るデザインのバス。カッコいい。


グアムではやたらとピックアップトラックを見かけた。
日本ではそうそう見かけない車種だけに新鮮。


街から離れて田舎っぽいところに行くと
野生のニワトリやブタがごろごろしている。
この日も文字通り、ゴロゴロしていた。

●グアムにあった謎の公園

グアムは特に観光するというほどの場所もなく、
実弾射撃と買い物ぐらいしかすることがなかったので、
ホテルの近くをブラブラと歩いた。


そんな中見つけた、いつ通りがかっても無人の公園。
結構な広さがあるが、不思議なことに人を見かけない。


クリスマスの時期ということで
イルミネーション付きのフレームも組まれていて
いたるところにサンタの人形がある。


ただ、なぜかトナカイの背中で飲んだくれてるサンタがいたりして
どうにも世界観がわからない。


奇遇にもオバマ大統領が居合わせたので
一緒に写真を撮ってもらった。嫌な顔ひとつしない、いい方だった。


王様気分を味わえる椅子も置かれていた。
もはや誰をターゲットにした広場なのか。


残念なことに、風の強い日だったので
侍女たちの髪の毛が大変なことになっていた。


それでも気にせずダンスしてくれるのは
グアムならではの陽気さといったところだろう。

●いよいよグアムから帰国


グアムのホテルはなぜか枕が6個もあった。どうしたらいいんだ。
結局、5個をベッドの脇に置いて寝た。


そんなこんなで3日間ほどいたグアムを後にする。
早めに帰って日本で少し休むため、この日は朝4時に空港へ。


工夫したおかげで、帰りの飛行機だけビジネスクラスになった。
それでも新幹線の座席ぐらい、といった感じ。機内は本当に狭い。


この旅行中、グアムでいろいろ食べたけど、
帰りの機内食が一番うまかったかもしれない。

でも大人が狭いテーブルでチマチマと食べていると
ままごとで食事の真似をしているような気になる。


そして帰国後、やっぱりそばが食べたくなる。

初めてのグアムの印象は
●とにかく暑く、過ごしにくい
●ほぼ日本人ばかり
●あんまり観光するところはない
●屋外の実弾射撃は最高
という感じだった。

おわり。