プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

乗るだけで無線LAN経由でデータが記録される体重計を買った

体重計を新調した。

今まで使っていたものも悪くはないのだが、
体脂肪率を計るときに本体から伸びるレバーを
手で握らないといけないのが面倒なのと、
(足だけの計測より正確なんだろうけど)
計測履歴が残らないので体重変化を把握しにくかった。

そこで
●足を乗せるだけで体脂肪率まで計れる
●無線LANで計測記録がPCかiPhoneに送られる
というのを必須条件として探した。


結果、「Withings Smart Body Analyzer WS-50」が最有力候補に。
かなり高いが、これを上回る品はない様子。早速注文。


実際に見てみるとやや大きめでかなり重いが、洗練されたデザイン。
天板部分がガラスっぽくてカッコいいし、
これで体脂肪を計れるのが不思議。単4電池4本で稼動する。

普通の体重計と異なり、開封後に起動手順が必要となる。
英語だがイラスト主体の説明書に従い、初期設定を行う。

最初にBluetoothでiPad miniとつなぎ、
さらにiPadで専用アプリをダウンロードする。

Nokia Health Mate

Nokia Health Mate

  • Nokia Apps Distribution LLC
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料
以降はiPadを通して体重計本体を操作できるようになるので
そこでユーザー登録とWifi設定(802.11g)をする。
(Wifi設定をした段階でBluetoothは使わなくなるようだ)

それさえ済ませればほぼ完了。

●上に乗るだけで自動電源ON、計測終了でOFFになる
●体重、体脂肪率はもちろん、心拍数も計られる
 (計測には30秒程度必要)
●なぜか1時間ごとの室温と二酸化炭素量も記録されている
●履歴はiOSアプリAndroidアプリWebサイト上で確認できる

複数ユーザーにも対応し、前回の計測記録から
どのユーザーが乗っているのかを自動的に判断してくれる。
似た記録のユーザーで判断に迷う場合は選択肢が表示され、
左右どちらかに体重をかけて選ぶ仕様は非常に面白い。

家族の計測記録も同一アプリ内で閲覧できる仕様だが、
家族に体重を知られたくない場合、
アプリ内で家族用のユーザーを作成した後で
Withingsのサイトで該当ユーザーに対して
「Make independent」という手続きをする。
すると、そのユーザーのメールアドレスを入力するよう促され、
同じ本体を使う家族でありながらユーザーを独立させることができる。

一度設定してしまえば毎日乗って下りるだけで
自分のiPhoneにどんどん履歴が残ってグラフ表示されるので
体重・体脂肪管理が相当に楽になる。もっと早く買えばよかった。
高価なアイテムであることは間違いないが、
おそらく体重計の中では現時点で最強。オススメです。