プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


Facebookを写真データのバックアップに使う

仕事でもプライベートでも記録用・Web掲載用に
よくデジカメで写真を撮るが、HDD容量にも限界があるので
使い終わった写真は定期的に消去していた。

だが数年してから、ふと別の場面で必要になり、
しかも以前使った加工済みのものではなく、
撮影直後のデータが欲しいときがある。

ハードディスクの値段も安くなっているし、
写真データ保存用のものを買おうかとも思ったが、
ここへ来てFacebookを利用しようと考えた。

Facebookは写真のアップロード数や容量に制限がないので
倉庫代わりにどんどんアップしてしまえばいいのだ。
写真ごと・アルバムごとに公開範囲を変更できるので
「自分のみ」にカスタマイズして保管用アルバムとする。

さらに私は無線LAN搭載SDカード「Eye-Fi」を愛用していて
今までは自動転載先をmy Picturetownに設定していたが、
それをFacebookに変更し、自動的に
「自分のみ」に公開制限したアルバムを作るように設定。
これで写真を撮るだけで勝手にFacebookに保管されていく。

Facebookの数少ない制限として、アルバムひとつあたりに
写真200枚しか登録できないので
いっぱいになりそうなタイミングでアルバム名を変更すれば、
次回の写真からまた新規のアルバムに保管されるのだ。

試してみると、これが素晴らしく快適。
個人でデータを保管するより
クラッシュする危険性が低いし、容量を気にする必要もない。
ネットさえあればいつでも一覧でき、かなり便利。

オススメです。

総アクセス数