プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

がんばることを恥ずかしがる人は理想なんて叶わない

f:id:IKUSHIMA:20180521104345j:plain


先日仕事で関わった人が
「こんなやつとは働きたくない」というテーマで
挙げていたものが以下だ。


やりたいことをやれてないのに、
なりたいものになれてないのに、
周りの目を気にして
がんばることを恥ずかしがるやつ


まったく同意するばかりだ。


世間には、がんばる姿を見せることを恥ずかしいと思う人がいる。
がんばるというのは「今の自分では足りないと認めること」だし、
「理想を叶えたくて必死になること」だし、
「成果が出るかもわからないのに行動すること」だ。


がんばることを見られるのが恥ずかしい人は
自分の足りないところや失敗を見られるのが嫌なのだ。
しかし、がんばらずに理想が叶うことなんてほとんどなく、
早く長くがんばった方が実現する確率は上がる。


がんばろうとしないくせに
やりたいことをやろうとか、なりたいものになろうとか、
そんなものはただのワガママだ。ないものねだりだ。


欲しい未来があるなら素直にがんばればいい。
その姿をバカにするやつは負けた仲間を増やしたいだけなんだ。


こういった内容をまとめたものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。
将来に悩む学生に伝えたい55のアドバイス
(2016-04-23)
売り上げランキング: 159,032