プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


成果が出せない人はできること・やりたいこと・やるべきことのバランスが悪い

f:id:IKUSHIMA:20200328115212j:plain


仕事や勉強で思ったような評価が出ない人は
「できること」「やりたいこと」「やるべきこと」の
3つのバランスが崩れていることが多い。


「なぜ評価されないんだ」と憤慨する前に
自分に見直すべき問題点がないかを考える方がいい。

能力が不足している

f:id:IKUSHIMA:20200328113446j:plain


一番単純な問題は能力が不足している場合だ。


やるべきことをこなすだけの能力が足りず、
いろいろな場面で不備を出してしまっている。
反面、自分の能力に見合わない理想を夢見て
空回りしてしまい、ストレスをため込んでいく。

向上心が不足している

f:id:IKUSHIMA:20200328115034j:plain

意外と多いのが向上心が不足している場合だ。


怒られない程度に作業をこなすだけで、
それ以上の能力を手に入れる努力をしないし、
やりたいことも探そうとしない。


いつもギリギリ許される結果しか残さないので
大切な役目が徐々に回ってこなくなり、
人材価値が先細りして若手に追い抜かれる。

人望が不足している

f:id:IKUSHIMA:20200328113525j:plain


自覚しづらいのが人望が不足している場合だ。


日頃のミスの多さや責任感のなさ、
期待に見合わない結果が続いたために
重要な任務が回ってこないようになり、
成果を出すチャンスが遠のいてしまっている。


こういう人は得てして自分の能力を過大評価していることが多く、
周囲が見ているよりも自分を高く見積もってしまう。
自己評価が高いのであまり改善する努力をせず、
実際の評価からどんどん剥離していく。

正しい見極めと何に注力するかが重要

「自分もチャンスがあればがんばるのに」という不満は順番が逆で、
自分の方向性が間違っているからチャンスが回ってこないのだ。


まずは自分がどういう状態にあるかを正しく見極め、
注力すべきポイントがどこかを適切に判断するのが重要。


「できること」を増やしていけば頼られることも多くなるし、
「やるべきこと」をしっかりこなせば
「やりたいこと」ができるチャンスも降ってくるようになる。

こういった内容に共感してもらえる人向けの
Kindleで読める電子書籍が発売中です。

必要とされる社会人になるための31の決意

必要とされる社会人になるための31の決意

  • 作者:D.IKUSHIMA
  • 発売日: 2016/05/07
  • メディア: Kindle版

総アクセス数