プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


「役に立ちたい」という想いが自分を成長させる

「成長したい」と思ってる人の成長スピードは案外遅く、「貢献したい」と思ってる人の成長スピードに絶対敵わない。なぜなら、成長は1.困難な仕事の経験から7割2.的確なアドバイスから2割3.座学による学習から1割でもたらされる。貢献する人には全てが与えら…

怠け者で時間管理能力が低い人ほど「時間がない」と嘆く

本当に忙しい人よりも、実は暇な人の方が いつも「時間がない」と言っているものです。 要するに、忙しくない人というのは 怠惰で時間管理能力が低いのです。――――――ジム・ロジャーズ 本当に忙しい人に愚痴を言うような無駄な時間はないし、 いちいち忙しい状…

自信をつけたいなら、周囲ではなく昨日の自分と比べよう

成長というのは、他人と比較するものではありません。 あくまでも自分のなかでのことなのです。 あなたなりのペースでいいのです。 1日にひとつ、昨日の自分よりもできるようになったことを 積み重ねていきましょう。 1年後には別人のように 成長している…

評価される機会を避けていると永遠に不安に悩まされる

仕事が遅くて終わらない人が陥る心理として、 「評価されるのが怖い」というものがあります。 自分の仕事がどう評価されるのかが怖くて、 できるだけ自分の中の100点に近づけようとして ブラッシュアップを繰り返します。 しかしブラッシュアップすればす…

露出できるチャンスがあるならどんどん挑戦していくべき

学生であろうが社会人であろうが 自分に注目してもらえるチャンスがあるなら どんどん乗っていく方がいいと思う。 取材を受けたり作品を公開したり プレゼンテーションを行ったりなど、 自分の顔や名前を露出できる機会があるなら とりあえず挑戦しておいて…

マンガでも活字でも読書の価値は変わらない

姪が通う学校では通学電車でマンガを読むことが禁止されており、 持参できるのは小説など文字ばかりの本に限るらしい。 教科書以外の本はすべて禁止というならわかるが、 マンガだけがダメというのは 「マンガを読むという行為は為にならないから」 という判…

途中でやめたら、何をやっても1年生のまま

いまやめたら、何をやってもずっと1年生だぞ――――――斎藤洋介の父 smart-flash.jp 思うような成果が出ないとき、 一番簡単な解決法は「目標を諦める」だ。 目標を取り消してしまえば 自分の未熟さを味わわなくて済むし、 劣等感に苦しめられることもない。 し…

嫌われない先生になるのは簡単だが、それでは良い先生になれない

今まで受け持ってもらった先生を思い返すと ガミガミと口うるさい先生と 穏やかであまり怒らない先生がいた。 評価や指導が厳しい先生は 学生(生徒)から敬遠されることが多いが、 いざ先生という立場になってみると、 実は嫌われないように振る舞う方が遥…

「アルキメデスの大戦」の主人公に自分の理想像を見た

創作物のキャラクターはあくまで観客として眺めるばかりで、 ワクワクしながら感情移入することはあっても 自分の目標だと感じることはなかったのだが、 このたび「アルキメデスの大戦」を読んで 主人公の櫂 直(かい ただし)に自分の理想の姿を感じた。 彼…

情報を素早く文章化できる能力は社会でかなり役に立つ

「会社(学校)に入る前に 勉強しておいた方がいいことはありますか」というのは 学生が社会人にしてくる質問ベスト3のひとつだが、 ここへきて「短時間で文章化することが得意でよかった」と 実感することが増えている。 業務関係や学生から来たメールを読…

人間は、いつも周りにいる5人の平均をとったような人になる

人間は、いつも周りにいる 5人の平均をとったような人になる――――――ジム・ローン 学校でも職場でも私生活でも、 また、能力面にも収入面にも言えることだが、 人は同じ時間を過ごす周囲の人間を平均化した状態に落ち着く。 がんばる人と一緒にいる人は努力す…

人生の半分はトラブルで、残りの半分はそれを乗り越えるためにある

人生の半分はトラブルで、 残りの半分はそれを乗り越えるためにある――――――リンゼイ・アンダーソン 物事がうまくいかないことを嘆いたところで そのトラブルがなくなるわけではないし、 それならトラブルありきで考えておいて 前向きに解決に取り組む方が生産…

成果が出せない人はできること・やりたいこと・やるべきことのバランスが悪い

仕事や勉強で思ったような評価が出ない人は 「できること」「やりたいこと」「やるべきこと」の 3つのバランスが崩れていることが多い。 「なぜ評価されないんだ」と憤慨する前に 自分に見直すべき問題点がないかを考える方がいい。 能力が不足している 一…

周囲からの扱われ方がその人の本質を決める

―――「ドラゴン桜2」8巻より 卵が先か、鶏が先か、という話になってしまうが、 周囲からの扱われ方が その人の本質を変えていくことがある。 標準より少し優れていた程度でも その部分を周囲から評価されることで自信をつけ、 より自分を磨いていくことで実…

人生は配られたカードで勝負するしかない

人生は配られたカードで勝負するっきゃないのさ――――――スヌーピー 自分の境遇や素質に対する不満ばかりを叫んで 成果が上がらない言い訳にする人がいるが、 配られるカードに差があるのは当たり前で、 要はそれをどう使って勝つのかがポイントなのだ。

文句が多い人ほど中身は空っぽだ

空き樽は音が高い―――日本のことわざ 中身が空っぽな人ほどいらないことをベラベラしゃべる傾向にあり、 その大半が不平不満や他人への批判だったりする。 思ったことをそのまま口から出してしまう人もこのタイプ。 最近だと「空のバケツほど蹴るとうるさい」…

チャンスは準備のない者には微笑まない

チャンスは準備のない者には微笑まない――――――ルイ・パスツール チャンスが巡ってこないことを 成果が出ない言い訳に挙げる人がいるが、 チャンスが来ないのは日頃の努力が足りないからだ。 チャンスを与えることができる立場の人は より成果を出せそうな人を…

学生のためのアドバイス本を期間限定で無料配布中!

学生に向けて書いたKindle本(定価350円)を 久しぶりに期間限定で無料配布することにしました。 成果を出す学生と出せない学生の違いが何なのかを 学生たちと接している教員の立場からまとめたものです。 勉強の意味とやり方、自分の価値を上げる方法、 …

何かに挑戦している人を否定する人が成長できない仕組み

そのひとにとっての「新たな挑戦」は大体最初から上手くいくことはないから、傍観者側からすれば「そんなの上手くいかないよ!」って言っておけば、そりゃ大抵当たるのは当然なんだよね。【創作3コマ】『「新たな挑戦」はたいてい失敗する』 pic.twitter.com…

恐れは逃げると倍になるが、立ち向かえば半分になる

恐れは逃げると倍になるが、 立ち向かえば半分になる。――――――ウィンストン・チャーチル 就職活動が近づいてくるこの時期になると 不安と緊張から志望業界を変える学生が出てくる。 心配なのは、自分の希望を叶えるための行動ではなく、 不安や恐れから逃げる…

モチベーションは成功体験が、テクニックは失敗体験が育てる

blog.tinect.jp 上記の記事の中に登場する 「モチベーションは成功体験が、テクニックは失敗体験が育てる」 はまさに至言だと思う。 行動しない人ほど「やる気が出なかった」という言い訳をしたがるが、 成功した人がもともとモチベーションにあふれていたわ…

できるかどうかではなく、やりたいかどうかで決める

―――「重版出来!」3巻より 「どうせできない」と思い込んで 挑戦や行動を諦める人が多いが、 結果が出る前に結果を決められるはずがなく、 選択できるのは唯一、「やるかどうか」だけだ。 何事に関しても、成果を出す人は 行動した人の中からしか生まれない…

学校を卒業したら運動が苦手だったことはどうでもよくなった

anond.hatelabo.jp 私も昔から運動が苦手で、 短距離走でも水泳でも球技でも 同じクラスの活発なタイプにかなわなかった。 勉強はそこそこできて委員長に選ばれることも多かったが、 当時はスポーツの得意な人の方がモテたし、 運動の得意な友達にずいぶん憧…

これまで書いた本を読んで欲しい年齢別に挙げてみる

先日出版した1冊を加え、 これまでに出したKindle本が8冊となったが、 そのうち6冊は知識習得や行動改善のための実用本だ。 総合すると、自分の人材価値を向上するためのものと 金銭的余裕を生むためのものの2系統であり、 どちらも若いうちから意識すべ…

生まれたときからセンスが備わっている人などいない

ぱさぱさに乾いてゆく心を ひとのせいにはするな みずから水やりを怠っておいて――――――茨木のり子「自分の感受性くらい」 何かができる人をやっかんで 「センスがあっていいよね」とか 「どうせ自分はセンスがないから」などと言う人がいるが、 センスとは先…

すぐやる、必ずやる、できるまでやる

すぐやる、必ずやる、できるまでやる――――――永守重信 たいていの事柄はすぐやる方が難易度が低く、 必ずやるという決心が周囲の信頼を獲得し、 できるまでやることで成果が出る。 ダラダラと先延ばしにしたり なかなか踏ん切りをつけなかったり すぐ諦めてし…

他人に教えることで知識が定着する

何かの知識を得るために本や授業を受けても 「わかった気になっている」だけで きちんと理解できていないことがよくある。 理屈を聞いてやり方を見せられても 自分で活用してみないと知識は浸透しないものだ。 そして活用する手段の中で一番難しいのが 「知…

デキる社会人になるためのポイント集を5日間限定で無料配布中!

仕事がデキる人はどういう行動や心構えでいるのか、 そういったポイントをまとめたKindle本を 今日から5日間、無料配布したいと思います。 必要とされる社会人になるための31の決意 無料期間:6月30日(日)16時~7月5日(金)16時 年齢が高いだ…

一過性のモチベーションではなく、長期にわたって努力できるかが勝負

雨だれが石を穿つのは、 激しく落ちるからではなく、 何度も落ちるからだ。――――――ティトゥス・ルクレティウス・カルス 何かを行うモチベーションについて 周囲の影響を受けやすい人がいる。 熱い話を聞いた直後やる気がみなぎるが、 しばらくするとすぐに意…

成功したいならリスクをとる必要がある

blog.tinect.jp 評価を受けることが怖くて露出や発表の機会を避けたり 全力を出していないように振舞ったりする人が増えているが、 比較されたり評価を受けたりする覚悟のない人が 成功するわけがない。 世の中の有名人や成功者のほとんどが たくさんの失敗…

総アクセス数