プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


問題を抱えた人同士が自分の状況を打ち明け合う場面を洋画でよく見かける

f:id:IKUSHIMA:20200707180222j:plain


アメリカ映画を観ていると、
何かしらの問題を抱えた人たちが
お互いの前で自分の状況を打ち明け合う場面をよく見る。


「グループセラピー」と呼ばれる集団療法らしく、
依存症や苦しい体験を緩和させるのに効果的なようだが、
日本ではあまり一般的な習慣ではないので
「一体どういうイベントなんだ」と最初は戸惑った。


逆に、日本では見慣れた場面でも
海外の人から見ると妙な習慣、というのもありそうだ。

ちょっとしたスペルミスが全体の価値を大きく下げてしまう

f:id:IKUSHIMA:20200629170003j:plain


先日挑戦した大阪での謎解きだが、
キットを買うために立ち寄った店の展示で
盛大に英単語のスペルミスがあったのでゲンナリした。
(言うまでもなく「START」と書きたかったのだろう)



f:id:IKUSHIMA:20200629170013j:plain


さらに謎解きをクリアしたあとのカードでも
思い切りスペルミスがあって2回目のゲンナリ感を味わった。
(念のために言えば「CLEAR」のつもりだったのだろう)


日本人に馴染みのない難しいスペルならともかく
このレベルの英単語を間違われると
その物自体が一気に安っぽく見えてきてしまう。


学生が作るゲーム作品でもこういったミスをよく見かけるが、
ちょっと検索して調べるだけで防げるわけだから
絶対の自信がない限り、ぜひ確認して欲しい。

総アクセス数