プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

ラーメンでありながら栄養満点の完全食「BASE RAMEN」を試してみた

f:id:IKUSHIMA:20190419064420j:plain
basefood.co.jp


なんとジャンクフードの代表であるラーメンで
たっぷりな栄養が摂れる完全食が出た。
それが「BASE RAMEN(ベースラーメン)」だ。

麺はBASE PASTAと同じもの

ラーメンといっても麺はBASE PASTAと同じもので
単にスープに浸かった状態で食べるというだけ。
共通の麺を使いながらソースをスープに変えただけで
ラーメンだというのはやや強引な印象。

1食あたり590円

麺(390円)とスープ(200円)で1食あたり590円と
家で作るラーメンとしては割高に思えるが、
栄養満点の完全食として
ある程度コストがかかるのは仕方ないだろう。

肝心のカロリー量がわからない

麺のカロリーは341kcalだが、
スープのカロリー表示がないので
総合でどれぐらいのカロリー量になるのかがわからなかった。


一般的なラーメンよりは低いのかもしれないが、
食事のコントロールをするための完全食なら
カロリー表示は必須にして欲しい。

味の濃いスープに救われる

BASE PASTAは麺自体の味にクセがあり、
草っぽい味とモチモチした食感がかなりイマイチ。


ラーメンの場合はパスタに比べて
麺にスープが絡まないからキツいのでは、と思ったが
スープの味が圧倒的に濃いので
麺を食べるたびにスープを飲んでごまかすことができた。


各スープの印象は以下の通り。


豚骨醤油スープ
ラーメンのスープとしては抜群に美味しく、
何度も飲み直してしまうほど満足度が高い。
このスープのおかげで食べにくい麺を乗り越えられた。
かなりこってりな印象なのでカロリーや塩分は気になる。


すごい煮干しスープ
お湯で溶いたスープの上から魚粉をふりかけて作るが、
こちらも抜群に美味しくて麺の味をごまかしやすい。
かなり味が濃い目なので塩分がどうなっているのか気になる。


ラーメンとしても完全食としてもやや中途半端

美味しいスープのおかげで
パスタよりも圧倒的に食べやすいのはありがたいが、
麺が改善されない限り、どうしても不満が残る。


ラーメンを食べたいなら普通のラーメンの方が
麺も含めて満足できるだろうし、
完全食として考えると
作る手間やカロリー量がわからない点が不便。


完全食をラーメンで実現しようという試みは面白いが、
満足する完成度には今一歩に思えた。

他に試した完全食の感想はこちら

mclover.hateblo.jp
mclover.hateblo.jp
mclover.hateblo.jp

不思議の国からの脱出 感想

下北沢の街歩きからわずか1ヶ月、
今度は美術館の展示会の中でプレイする謎解きに挑戦した。


リアル脱出ゲーム 感想その11
不思議の国からの脱出


f:id:IKUSHIMA:20190413233224j:plain


今回の謎解きはなんと
美術館で開かれている「不思議の国のアリス展」とコラボしており、
アリスにまつわるいろいろな作品が並ぶ中を歩きながら
謎を解いていくというもの。


謎解きキットは1500円だが、
展示エリアに入るための入場券(一般1400円)が必要なので
プレイには計2900円と結構なコストがかかる。


謎解きをする上でいろいろと書き留める必要があるが、
美術館ということもあり、鉛筆の使用しか許可されていない。
シャーペンやボールペンはすべて禁止なので、
キットに付属している鉛筆を使うようにしよう。


謎作りでは定評のあるSCRAPが作っているだけあって
イベントの完成度は非常に高く、
どの問題もちょうどいい難易度で解くことができた。
解法をひらめく気持ちよさを何度も味わえるので気持ちよかった。


街歩き型と同様に時間制限なく楽しめるが、
座ったりもたれたりできるところがない上に
展示エリアを出てしまうと再入場できないため、
休憩せずぶっ続けでプレイするのは辛かった。


ただ、複数人でプレイしていて先に謎が解けても
周囲にある展示物を見て時間潰しができるし、
キットに含まれているヒントブックは
ヒントだけでなく解き方まで載っているので、
詰まってしまってどうしようもなくなることはない。


展示エリアは謎解きプレイヤーだらけで
美術館スタッフとしてはずいぶん気を遣うだろうが、
興味がない人を美術館に呼び寄せるという意味では
非常に効果の高いコラボイベントだと感じた。

必要な栄養素の大半が摂れる完全食パスタ「BASE PASTA」を試してみた

f:id:IKUSHIMA:20190413103437j:plain


先日のCOMPやBASE BREADにつづき、
今度は「BASE PASTA(ベースパスタ)」を試してみた。
生きるために必要な栄養素の大半を含んだ完全食パスタである。

パスタソースを別に用意する必要がある

BASE PASTAはあくまで麺だけなので、
食事として食べるならパスタソースを別に用意する必要がある。
好みのソースをかけても問題ないが、
BASE PASTA用に作られた専用ソースも公式に売られている。

1食あたり590円

BASE PASTA1食分が390円、
専用ソースが1つ200円なので
1食あたりのコストは590円。やや割高な印象。

他の完全食と比べて作る手間がかかる

BASE PASTAは鍋で1分間ゆでる必要があり、
それとは別にレトルトのソースを温めなければならないので
他の完全食と比べて準備にかかる時間と手間が多め。
食事に対する時短効果を狙うには不向きだ。

箸が進まない独特のマズさ

f:id:IKUSHIMA:20190416220305j:plain


パスタよりも蕎麦のような見た目で
麺自体はやたらモチモチと弾力のある歯ごたえでありながら
粉っぽく草っぽい味でかなりイマイチ。
ソースでごまかしながら食べないと完食できなかった。


専用に売られている各ソースの印象は以下の通り。


ポモドーロ
非常に無難な味のトマトソースで人を選ばない。
マズい麺をトマト味でカバーしながら食べたが、
それでも途中でウンザリしてくる。


ジェノベーゼ
バジルの混ざったオイルで麺全体に匂いがついてくれるので
味のイマイチさをある程度ごまかしてくれるが、
麺のモチモチした食感までは消せないので
パスタがおいしく感じるほどの効果はない。


焼きそば
パスタ麺をウスターソースで焼きそばに変える強引な食べ方だが、
麺の味がソースでごまかされるのでかなり食べやすくなる。
ややソースが多くて塩辛くなるので
一気に全部入れずに調整するといい。


台湾まぜそば
ソースとラー油を混ぜて仕上げるが、
焼きそば同様に麺全体に濃い味のソースが絡むので
イマイチな麺の味をかなりごまかすことができる。辛口。


一般的なパスタに比べると健康的

BASE PASTAは1食分で341kcal、
そこにかけるソースが100kcal前後。
しかも一般的なパスタに比べて
糖質や塩分、カロリーが控えめになっているので
うまく置き換えると健康的。


ただし、これを3食食べただけでは1日分のカロリーに届かないため、
ダイエット目的以外では摂取基準に不足してしまう。
朝食や昼食など一部の食事だけを置き換えるべきだろう。

味にクセがありすぎて常用には不向き

食べ応えはあるものの麺の味がイマイチすぎるので
食事に対するモチベーションが上がらない。
残っている在庫を見つめながら
「またあの麺を食べなければいけないのか」と気分が滅入った。


常温で2ヶ月と保存が利くのは非常にありがたいが、
もう少し主張の少ない仕上がりにならないと
抵抗感や飽きが大きくて常用できないだろう。

他に試した完全食の感想はこちら

mclover.hateblo.jp
mclover.hateblo.jp