プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


自分専用のサインのデザインを業者に依頼してみた

f:id:IKUSHIMA:20210218145938j:plain


昔から字が汚いことにコンプレックスがあるのだが、
最近はパソコンやスマホで完結する作業も多く、
直筆で何かを書くことはずいぶん少なくなった。


とはいえ、署名が必要な機会はあるので
その都度、自分の字の汚さを痛感することになる。
映画の登場人物がサラサラッとサインする場面は最高にカッコよく、
自分もあんな風に書ければ、とずっと思っていた。


そんなとき、自分専用のサインを
デザインしてくれるサービスがあると知り、
試しに利用してみることにした。

「サインの達人」に依頼してみた

kanji-design.com


探してみると同様のサービスがいくつもあるようだが、
今回は「サインの達人」に12800円で依頼してみた。
それなりの値段だが、自分で試行錯誤する手間をかけず
デザイン的に優れたものが手に入るなら高くはない。


今回は本名ではなく、個人活動のときに使っている
「D.IKUSHIMA」という通称でのサインを依頼した。
一般的な英字サインと異なり、すべて大文字なので
そのあたりも含めてカッコよくなるかが気になるところ。


4営業日ほどで3つのデザインが仕上がるということだったが、
わずか2営業日ほどでメールで納品された。


どんなサインに仕上がったのかワクワクしながら
メールに記載されたダウンロードリンクを開く。


正直、イマイチ。


期待値と比べて大きく下回った仕上がりにガクリと落胆した。

1つ目のデザイン

f:id:IKUSHIMA:20210222125428j:plain


なぜ苗字の途中、それも「SH」で改行したのか。
デザイン的に改行するとしても
せめてローマ字として区切りのいいところにして欲しい。

2つ目のデザイン

f:id:IKUSHIMA:20210222125436j:plain


単に文字を切らずに続けて書いただけ、という印象。
これならわざわざプロに頼まなくても自分で作れただろう。

3つ目のデザイン

f:id:IKUSHIMA:20210222125446j:plain


3つの中では一番マシだが、
2つ目のデザインと相当に似通っている。
全体にまたがる曲線でごまかしている感があり、
「I」や「U」のあたりがどうにも洗練されていない。


あまりに期待ハズレで残念としか言えないし、
気に入っていないサインを練習する気にもならない。


kanji-design.com


勉強代だと諦めようかと思ったが、
幸いにも購入から30日が経過すれば返金できるようなので、
申し込みが可能になったら手続きしてみることにする。

「署名ドットコム」に依頼してみた

www.syomei.com


一度その気になったサイン熱が収まらないため、
なんとかいい業者はないものかと探し、
今度は「署名ドットコム」に依頼することにした。


今回はデザイン2つで19800円。
同様に「D.IKUSHIMA」という英字表記で
「実用型」と「速写型」を依頼してみた。


一度失敗しているだけに不安だったが、
注文して7営業日後に連絡が来た。



f:id:IKUSHIMA:20210304091608j:plain


なんと実用型・速写型それぞれに
かなりのデザイン案が含まれていて、
この中から選んだものをベースに完成させていくとのこと。
原案の時点でいわゆる「サイン」のデザインになっていたので
満足できるものになりそうだという安心感が得られた。


どのデザインにするかはめちゃくちゃに悩んだ。


●デザイン全体の見栄え
●サインの中で目立って欲しいポイント
●書き順に無理がなさそうか


あたりを基準にいろいろと悩み、
なんとかタイプ別に1つずつ選んだ。


また、原案がたくさん見れたおかげで
同じ文字でも異なる書き順や表現があることがわかり、
最終的なサインが出来上がったあとに
自分でカスタマイズできそうとも思えた。


たとえば選ばなかったデザインの中に
「D」の部分の形だけは好きだ、というものがあれば
完成したサインにそこだけ移植すればいいのだ。


業者側に選んだデザインを連絡したから3営業日、
私の選んだ2つのデザインが決定稿として納品された。

英字実用型

f:id:IKUSHIMA:20210308123703j:plain


英字速写型

f:id:IKUSHIMA:20210308123720j:plain


さんざん悩んで選んだデザインだけあって
この2つの仕上がりはかなり満足。


各文字がハッキリと現れた実用型と
デザインを重視した速写型と
どちらをメインで使うか悩む。



f:id:IKUSHIMA:20210308123729j:plain


さらにそれぞれのサインについて
どの部分が何の文字を表しているかという解析図と
書き順が説明された資料が添付されていた。


これで書き順を確認しつつ、
別に付属している練習シートをなぞって
自分のサインを身につけていくのだ。



f:id:IKUSHIMA:20210308181838j:plain


デザイン1つで1万円という価格が高いかどうかだが、
署名を書くたびに単価が下がると考えると、
悩むならさっさと作ってしまった方がいい。


業者からの案内でも自己流のアレンジが歓迎されていたし、
書けば書くほど自分に馴染んだサインになるだろう。

定期的に生ゴミを庭にまいていた父親を止めた話

f:id:IKUSHIMA:20210304123221j:plain


うちの父親は庭のある家を持つのが夢だったらしく、
私が子供のころから庭に畑を作って
ナスビやらトウモロコシやらを育てていた。
「ガーデニング」というようなかわいらしいものではなく、
クワで土を耕して作物を植えるような本気のやつだ。


ホームセンターで種や苗や肥料を買ってきていたが、
「いい土ができる」と言って
野菜くずや卵の殻といった生ごみも庭にまいていた。


そんなある日、夕食でアサリの味噌汁を食べているとき、
「これもまけば肥料になるだろう」と殻を集め始めた。


それを見ながら土に埋められる貝殻を想像したが、
社会の授業で習った「貝塚」というものが
各地で発見されていることを考えると、
貝殻というものは分解されずに何千年も残るのだ。
実家の庭から割と新鮮な貝塚が発見されたら困る。


私と母親はあわてて父親を止めた。

身の回りのものに写真を添えるだけで印象を変えてしまうアイデアが楽しい

@rudy_willingham

Reply to @tanamongeaulol Some of my top posts of 2020 (part 2!) Which characters do you want to see in 2021???##welcome2021 ##funny ##creative

♬ Pennies From Heaven - Louis Prima

絶妙に切り取られたイラストや写真を
身の回りに添えることで
キャラクターの世界観を完成させてしまうアイデア。


@rudy_willingham

Reply to @filmsbykaitlyn Where my Potterheads at ##harrypotter ##dracotok ##feelinggood

♬ Rasputin (7" Version) - Boney M.

形や大きさがピッタリと合うように
かなりの調整が必要だと思われるが、
発想が面白くて見ているだけで楽しい。


@rudy_willingham

Reply to @cool_vids67 May the force be with you ##starwars ##themandalorian ##streetart

♬ Rasputin (7" Version) - Boney M.

直前まで無機質だったものが
急に生き生きとした印象に変わる。

丹波と但馬はどっちがどっちかすぐわからなくなる

f:id:IKUSHIMA:20210302091140p:plain


兵庫県周辺に住んでいる人なら
共感してもらえるかもしれないが、
丹波(たんば)」と「但馬(たじま)」が
すぐどっちがどっちかわからなくなる。


厄介なのは「但馬」だ。
「丹波」を「たんば」と読むことはすぐわかるが、
「但馬」の方も「たんば」と読めてしまうのだ。
「たんば」と読めそうな漢字なのに
それを抑え込んで「たじま」と発音する必要がある。


兵庫県の特産物を紹介するときによく出てくる地域で、
但馬牛丹波牛など似通っている要素が多くてややこしい。

リトルナイトメア2が前作以上の良作ゲームに仕上がっていた

f:id:IKUSHIMA:20210227231354j:plain

リトルナイトメア2|オンラインコード版

リトルナイトメア2|オンラインコード版

  • 発売日: 2021/02/23
  • メディア: Software Download

先日紹介した「リトルナイトメア」の続編、
リトルナイトメア2」がつい先日発売されたが、
前作に引き続き、非常にデキがいい。



f:id:IKUSHIMA:20210227231524j:plain


敵のデザインは相変わらず秀逸で、
対抗する手段のない弱々しい主人公に
よくこんな怖いことを強いるなぁ、と感心するばかり。
強敵がすぐそこまで迫っている感覚がめちゃくちゃに怖い。



f:id:IKUSHIMA:20210227231719j:plain


ライティングとカメラワークを活かした絵作りが非常にうまく、
どの場面を切り取っても
そのまま絵本になりそうな仕上がり。



f:id:IKUSHIMA:20210227232154j:plain


限られたアクションで状況を打開していく謎解きだが、
無関係なところには行けないよう工夫されているので
しばらく悩めば解けることがほとんど。


初見殺しのシーンが多いものの、
前作と比べて瞬時にリトライができるようになり、
チェックポイントの間隔も短めになったのが非常にありがたい。
(死ぬたびに「ハッ!」と悪夢から覚める演出が素晴らしい)



f:id:IKUSHIMA:20210227232843j:plain


世界観は共通しているが、前作を未プレイでも
特に問題なく遊べるゲーム性なので、
シンプルなアクションと謎解きが好きな人はぜひ挑戦して欲しい。



mclover.hateblo.jp

総アクセス数