プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

英語の児童書を読む

f:id:IKUSHIMA:20180120145826j:plain

制限された語数表現で書き直されたラダーシリーズにも
ある程度慣れてきたので、
最近は英語の児童書に手を出している。

英語圏の10歳前後の子供向けに書かれた本が中心だが、
それでもさまざまな表現が登場するので、相当に鍛えられる。
「見る」を表す動詞はlook、see、watchあたりが有名だが、
実際の洋書にはobserve(観察する)、peer(じっと見る)、
glance(ちらりと見る)、glare(にらむ)、peek(覗く)など
アクションの微妙な違いによって使い分けられている。

HOLES」、「A to Z Mysteries」シリーズ、
Marvin Redpost」シリーズ、
Magic Tree House」シリーズなど
よく推薦される英語の児童書を中心に読んでいる。

覚えても覚えても忘れてしまう英単語だが、
読書を通して何度も見ることで慣れていくしかないだろう。


私が英語力を身につけていった流れをまとめた本が

Kindleで読める電子書籍として発売中です。

大人になってからの英語勉強法
(2016-07-26)
売り上げランキング: 35,529