プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


「地下迷宮に眠る謎2020」をプレイしました

阪神電車を使った街歩き謎解きから1ヶ月半、
次は名古屋の市営地下鉄を使った謎解きにチャレンジした。


リアル脱出ゲーム 感想その28
地下迷宮に眠る謎2020


f:id:IKUSHIMA:20201004204043j:plain
realdgame.jp


これは名古屋周辺を走る市営地下鉄を使って
いくつかの駅を移動しながらプレイする周遊型の謎解き。


これまでプレイした「7人の乗客の奇妙な1日」や
謎解きメトロ旅」と同じタイプだ。



f:id:IKUSHIMA:20201004204120j:plain


まずは駅にある交通局サービスセンターなどで
1日乗車券のついた謎解きキットを2300円で購入。


ただ、冊子の最初の数ページを開いただけで嫌な印象を感じた。
本筋に関係のない練習問題から始まり、
店の紹介と観光する際の心構えが何ページも続く。


謎解きかと思ったら地元の店舗に関するクイズばかりで
単なる当てずっぽうで答えるしかなく、
その答えが謎解きに絡むような造りにもなっていない。


わざわざ電車で移動したのに
ちっとも本来の謎解きが始まらず、
腑に落ちないまま次の駅が指示される有り様。


プレイを進めてもクイズの域を出ない問題ばかりで
期待していた気持ちよさが味わえず
ひたすらフラストレーションがたまった。


キット内の封筒を開いたあたりでやっと謎解き感が出てくるが、
後半も面倒なタイプの展開が多く、
解き方をひらめいても作業の煩わしさにウンザリする。


謎解きの冊子に無関係な観光情報が何ページも含まれる最悪の造りで、
全体的にやたらと観光を強制してくる雰囲気があり、
謎解きを楽しんでもらおうというより
店への立ち寄りや写真撮影を押し付けがましく勧めてくるばかり。


食事や休憩を含めて6時間ほどでクリアはしたものの、
最後はひたすらイライラしながら解く状態だった。
これまでプレイした謎解きの中でも最低と言えるデキで、
謎解き系の大手であるSCRAP主催なのに
かかった費用や時間に見合わない満足度の低い企画だった。

「甲子園球場と幻のダイヤ」をプレイしました

かなりイマイチだった謎解きキットから数日後、
口直しの意味で周遊型の謎解きにチャレンジした。


リアル脱出ゲーム 感想その27
甲子園球場と幻のダイヤ


f:id:IKUSHIMA:20200814130319j:plain


これはちょうど1年前にプレイした
7人の乗客の奇妙な1日」と同様の謎解きで
兵庫県の東西を結ぶ阪神電車で移動しながら解いていくもの。


2000円で買えるキットには1日乗車券がついており、
謎を解くことで次に向かうべき駅が判明する。



LINE

LINE

  • LINE Corporation
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

謎解き中はスマホのLINEを使って
登場人物と会話しながら進めていく。


中級者向けなのか難易度はやや高めで
序盤から歯ごたえのある問題が続くが、
謎解きに慣れたプレイヤーにはその方が嬉しい。


キットの内容がバリエーションに富み、
それぞれよく考えられた問題な上に
贅沢な仕掛けもあって驚いた。


ただ、舞台となる土地柄のせいか
休憩するためにサッと入れる店がなかなか見つからず、
複数のキットを組み合わせて解くような場面では苦労した。



f:id:IKUSHIMA:20200816124843j:plain


最終的に16000歩以上も歩いたが、
休憩や移動時間も含めて7時間ほどもかかるボリュームと、
乗り放題の乗車券まで付いて2000円という値段に大満足だった。


FLAP ZEROαが企画する謎解きはハズレが少なく
やたらとコストパフォーマンスが高いので、
謎解きファンにはぜひオススメしていきたい。
公式サイトが見づらいのだけが残念)


次は名古屋の地下鉄を使った謎解きに挑戦した。

「ミステリーレターシリーズ vol.1」をプレイしました

値段の割にあまり楽しめなかった謎解きキットから1ヶ月、
またも在宅で楽しめる謎解きキットを買ってみた。


リアル脱出ゲーム 感想その26
ミステリーレターシリーズ 世界は謎に満ちている vol.1


f:id:IKUSHIMA:20200810163945j:plain

これは5通のエアメールを模した謎解きで、
封書を順番に開けながら謎を解いていくというもの。
プレイ期限は当初設定されていた日時から
2021年3月31日まで延長されている。


これが2500円という値段の割にあまりにもつまらなく、
期待していた面白さや達成感どころか、
腑に落ちないモヤモヤ感を味わわされる内容だった。


ハガキの文面がいくつも黒塗りされていて読みづらく、
しかも大半が謎に関係のない文章なことにウンザリする。
肝心の謎解きはハガキの裏表を見比べないといけないので面倒くさく、
もったいぶった文章の割に解き心地が悪い。


指示が漠然としていてヒントの出し方が下手すぎるし、
爽快感を得られない上に
小1時間で終わってしまうボリュームなので
非常にコストパフォーマンスが悪い印象。


あちこちの企業が謎解きに参入しているが、
わざわざプレイしてストレスを感じたくないので
イマイチだった制作会社の謎は2度と手を出さなくなる。
安易なクオリティで謎解きを企画するのは評判を落とすだけだ。


次は阪神電車を題材にした周遊型の謎解きに行ってきた。

「シリアルキラーマンション」をプレイしました

イマイチな完成度だった大阪での周遊謎解きから2週間、
家にいながら謎解きが楽しめるキットを買ってみた。


リアル脱出ゲーム 感想その25
シリアルキラーマンション


f:id:IKUSHIMA:20200712145203j:plain

これは殺人鬼が所有するマンションを舞台にした謎解きで、
2500円で買えるキットを使って
家にいたままプレイできる商品。


話を進める上で、QRコード経由で
Webサイトにアクセスする必要があるのでスマホは必要だが、
あとは本品だけで完結するようになっている。


難易度は全体的に低めで全体的にサクサク解けるが、
解き心地は悪くなく、解法を閃く気持ちよさは味わえる。
ただ、答えがわからないときのヒントは少なめなので
どこかで詰まるとまったく進めなくなる可能性がある。


残念なのは殺人鬼から逃げる後半の謎解きで、
謎を正しく解いていても強引なゲームオーバーが多く、
何度もやり直せる仕様をいいことに
選択肢を総当たりするだけのつまらない展開になること。
終盤で盛り上がることを期待していたのに
どうにも達成感の薄い内容に落胆した。


非常に満足度の高かったポテトチップス謎解き
手掛けたグループだったので期待したのだが、
1時間ほどであっさり終わってしまうボリュームと
後半の展開のつまらなさを考えると
2500円という値段は割高に感じた。


次も在宅でプレイできる謎解きキットに挑戦してみた。

「Mystery Town ~魔法にかけられた街を守れ~」をプレイしました

ポテトチップスの袋に載っていた無料の謎解き
非常に満足した日から数日後、
今度は大阪の道頓堀付近にて街歩き謎解きにチャレンジした。


リアル脱出ゲーム 感想その24
Mystery Town ~魔法にかけられた街を守れ~


f:id:IKUSHIMA:20200628175020j:plain
www.tokitokiescape.com


これは大阪にある「時解(TokiToki)」というカフェが提供する企画で、
道頓堀付近を歩きながら謎解きをしていくというもの。
店内で謎解き用の冊子を1100円で購入し、
半径200メートル程度の範囲を歩き回りながら挑戦していく。


ただこれがかなりイマイチなデキで、
最初の6つの謎解きがあまりにもつまらなすぎる上に
それが半分以上のボリュームを占めている。


しかも「周遊謎解き」と言いながら
地図で指定された場所に行って
スマートフォンに専用サイトを表示すれば
謎解きに必要な情報が得られるというだけの仕組み。


現地に問題が掲示されているわけでも
そこに向かう通り道の看板を謎解きに使うわけでもなく、
ただ目的地のGPS情報が手がかり表示の条件になっているだけ。


謎解きの内容と目的地には何の関連性もないし、
地域に関する知識が得られるわけでもない。
1問目を解き始めた瞬間にクオリティの低さに不安になるデキで、
謎解きの気持ちよさがほとんど感じられないレベルだった。


また、道頓堀周辺はがっつりと食事するタイプの店ばかりなので
謎解きに詰まったときに
座って考えられるようなカフェがほとんどない。


謎解きの面白みも、その地域をめぐる楽しさもなく、
どうにも満足度の低い企画で非常に残念だった。


次は家にいたまま謎解きが楽しめるキットをプレイしてみた。

総アクセス数