プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


「夢かもめと海辺の迷宮(ラビリンス)」をプレイしました

自宅でプレイするオンライン謎解きから2ヶ月、
緊急事態宣言も解除されたので周遊謎解きに挑戦した。


リアル脱出ゲーム 感想その33
夢かもめと海辺の迷宮(ラビリンス)


f:id:IKUSHIMA:20210710222859j:plain
nazotoki-zepets.com


これは神戸市の三宮と新長田を結ぶ
神戸市営地下鉄海岸線で行き来しながら解いていくもの。
始発から終点まで15分ほどしかかからない短い路線だが、
2000円で買えるキットには1日乗車券がついており、
謎を解くたびに新たな駅に向かうことになる。



LINE

LINE

  • LINE Corporation
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

謎解きの答えを入力する場所としてLINEが使われており、
そこに表示されるメッセージで次に向かう駅が判明する。


謎解きの難易度としては中程度で
慣れた人ならそれなりのペースで進めるが、
一部、なかなか解けなかった問題があり、
そういった肝心な部分ほどヒントがなくて詰まりかけた。


また、周遊型の謎解きだが思ったほど駅から離れず、
ごく周辺をウロウロする程度だった。
とはいえ、休憩に入れる飲食店がすぐ見つかる地域が多く、
暑さをしのいだり、腰を落ち着けやすいのはよかった。



f:id:IKUSHIMA:20210710225730j:plain


結局、休憩抜きで4~5時間かかるボリュームで、
1日乗車券が含まれることも考えると
非常にコストパフォーマンスが高い。
それぞれの謎の解き心地もよく、
いろいろな攻略パターンを味わうことができた。


コンパクトな路線を題材にしたこともあり、
目的の駅までの移動時間が短いので
謎解きのテンポが崩さずに
次々と問題に挑戦できるのもよかった。

「封鎖された人狼村からの脱出」をプレイしました

阪神電車を使った周遊謎解きから1ヶ月、
今度は自宅でプレイできるオンライン謎解きに挑戦した。


リアル脱出ゲーム 感想その32
封鎖された人狼村からの脱出


f:id:IKUSHIMA:20210505155201j:plain
realdgame.jp


これはリアル脱出ゲームの企画や運営で有名な
SCRAPによるオンライン形式の謎解きで、
パーティゲームの「人狼」をベースに、
村人の中に隠れている人狼を見つけ出していく。


「村人たちの会話を聞きながら人狼を探していく」とはあるものの、
単に村人同士がビデオ会議で会話しているという体裁の動画であり、
プレイヤーが実際に誰かと交流するようなことはないため、
時間帯や環境を問わずに遊ぶことができる。


公式サイトから2800円のチケットを購入すると
プレイするためのURLが手に入る。
動画さえ観れればスマートフォンでもタブレットでも問題ないが、
画面の広さや文字入力の利便性から考えるとパソコンの方がよい。


複数人でプレイすることが推奨されているが、
動画を観ている時間がかなり長いので
みんなで同じ画面を観ながら挑戦するならともかく、
別々にチケットを購入した人と
わざわざ同時にプレイする意味はないように思う。


村人たちの行動内容を探るためには
定期的にビデオ会議をひたすら眺める必要があり、
9人もの村人を把握するのは大変だと最初は思ったが、
吟遊詩人には「シンガ」、記者には「キーシャ」など
職業を表した名前になっているので意外と整理しやすかった。


ただ、村人全員を映すための9分割された画面では
口元を注視しないと誰がしゃべっているのか判断しにくいので、
発言している人の枠が光るなど工夫して欲しかったところ。


また、謎を解くたびに日付が進んでいく設定だが、
そのたびに数分の動画をずっと聞いていなければいけないので
割と退屈で面倒だし、プレイのテンポが悪くなるのは残念。


動画を観た後は一般的な謎解き問題を解いていくが、
こちらは難易度が低めで、謎解きに慣れた人なら
あっさりクリアできるレベル。
ただ、中盤の問題は解き方が強引すぎてモヤモヤさせられた。



f:id:IKUSHIMA:20210505163342j:plain


f:id:IKUSHIMA:20210505172823j:plain


結果的に2時間半ほどでクリアできたものの、
動画を観ている時間が1時間以上もあるので
これで2800円という値段は割高な印象。


ストーリー展開や設定はまずまずだったが、
謎解きとしての満足度を考えると
せいぜい1500円ぐらいの規模感だった。


次は神戸市営地下鉄海岸線を題材にした周遊型謎解きに挑戦した。

「不思議な猫と灘五郷の秘密」をプレイしました

スッキリとした楽しさが得られなかった自宅での謎解きから2ヶ月あまり、
今度は電車を使った周遊謎解きにチャレンジした。


リアル脱出ゲーム 感想その31
不思議な猫と灘五郷の秘密


f:id:IKUSHIMA:20210403092812j:plain
nazotoki-zepets.com


これは以前プレイした「7人の乗客の奇妙な1日」や
甲子園球場と幻のダイヤ」と同様に、
兵庫県の東西を結ぶ阪神電車で移動しながら解いていくもの。
2000円で買えるキットには1日乗車券がついており、
何度も電車を乗り降りしながらクリアを目指す周遊型の謎解きだ。



LINE

LINE

  • LINE Corporation
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

キャラクターをLINEで友達登録をして
謎解きの答えを入力することでゲームが進んでいく。


休憩抜きで5~6時間かかるボリュームになっている上、
電車に乗るばかりではなく結構な距離を歩くので
15000歩程度の徒歩移動を覚悟しておく方がよい。


謎自体はそこまで高い難易度ではなく、
現地に行けばおおよそ解けるものばかりだが、
なかなか面白いと感心させられる展開や
クセのある解き方の問題が混ざっている。


私自身、クリア目前の謎解きがどうしてもわからず、
さんざん悩み尽くした上で
先にクリアした人にヘルプを求めてしまった。



f:id:IKUSHIMA:20210403201404j:plain


とはいえ、同じ謎解きキットを使いながらも
複数のルートに分岐する内容がいくつか用意されていたりと
2000円という値段の割に非常に手間がかかった造りで、
1日まるまる使って楽しむことができる謎解きとして
値段分以上の満足度は得られる内容。


これまでのフラップゼロαによる
阪神電車謎解きシリーズが好きだった人にはオススメ。


次はSCRAPが制作したオンライン謎解きに挑戦した。

「龍馬からの手紙」をプレイしました

周遊型の謎解きのリモート版にあまり満足できなかったので、
今度ははじめから自宅でのプレイを
想定した謎解きにチャレンジした。


リアル脱出ゲーム 感想その30
龍馬からの手紙


f:id:IKUSHIMA:20210114152626j:plain
nazotoki-zepets.com


これは坂本龍馬のゆかりの地を舞台にしたもので、
家にいながら高知、長崎、京都を巡る体験ができるという謎解き。



COCOAR - ココアル

COCOAR - ココアル

  • Startialab Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

プレイにはCOCOAR(ココアル)をインストールしたスマートフォンと、
それとは別にパソコンかタブレット端末が必要になる。


スマホのカメラを通した映像に画像が重なるARを
謎解きにうまく利用している発想はなかなか面白いが、
スマホ1台しかない状況だと
途中で行き詰まってしまうという
プレイ環境を選ぶ仕様なのは珍しい。


謎解きについては少し強引さを感じる部分があり、
線を書き込む謎解きでは定規を使って
綺麗にまっすぐ引かないとうまく答えが導き出せなかったり、
位置合わせするときにわずかな角度のズレが許されなかったりと
妙にシビアな部分があるのも気になった。


また、ヒントで示唆される情報が浅すぎて、
詰まっている部分を突破したくても
何の役にも立たないものばかりだった。


観光PRの側面のあるのか、
ほとんどの問題で映像を観ることを強いられ、
ヒントとなる情報を手に入れるのも面倒だった。
答えとして出てくる単語に馴染みのないものも多く、
正解なのかどうかが咄嗟にわからないのは残念。



f:id:IKUSHIMA:20210116232108j:plain


4時間ほどかけてクリアしたものの、
どうにも動画を観る手間と問題の強引さのせいで
あまりスッキリした気持ちよさを味わえなかった。


次はまた阪神電車を題材にした周遊型の謎解きをプレイしてきた。

「門司港レトロ謎解き リモートVer」をプレイしました

イライラした名古屋の街歩き謎解きから約3ヶ月、
次は周遊謎解きを在宅で楽しめるキットにチャレンジした。


リアル脱出ゲーム 感想その29
門司港レトロ謎解き(リモートVer.)」


f:id:IKUSHIMA:20201231142635j:plain
www.flapzero-bosai.com


これは福岡県北九州市にある
門司港(もじこう)レトロ」という観光スポットを
自由に周遊しながらプレイしていく謎解きを
自宅でプレイできるようにしたリモート版だ。



flapzero.official.ec


周遊型謎解きは必要な情報を現地の看板や風景から集めるのだが、
今回のリモート版では調べたい場所をLINEで指定すると
現地の様子が動画で確認できるようになっている。


ただ、本来なら自力で見つけていくヒントが
動画ではわざわざクローズアップして写しているため、
自分で情報を探し出す面白さが失われてしまった。


また、立ち止まってじっくり確認したい場面でも
動画だと勝手にカメラの向きが変わってしまうため、
再生を止めたり進めたりしながら目を凝らすという
面倒な作業がどうしても必要になってしまった。


謎解きキットをほとんど変更せずに
自宅でプレイできるというのは画期的だったが、
必要な情報が必ず含まれている動画が
「ヒントを探して謎を解く」という楽しさを
奪ってしまっているのが残念。


2時間ほどかけてなんとかクリアしたが、
「現地だったらもっと楽しめたんだろうな」という
スッキリしない後味が残ってしまった。


次も旅をテーマにしながらも自宅でプレイできる謎解きに挑戦した。

総アクセス数