プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


地球外のアイテムをセットアップしていく謎解きが新鮮だった

タブレットで遊べる脱出ゲームをプレイしてから数ヶ月、
同じような謎解きの面白さが味わえるゲームを見つけた。


リアル脱出ゲーム 感想その53
Machinika Museum(マシニカミュージアム)」



store-jp.nintendo.com


これは部屋から脱出するわけではなく、
どこかの星で作られた未知のアイテムを
きちんと作動するところまで操作していくゲームだ。




いきなりアイテムが目の前にあるのではなく
まず運搬用の箱から取り出すところが斬新で、
文字による情報はほとんどなく
スイッチやダイヤル、レバーのように見える部品を
適当に触ってみて仕組みを推測していく。




部品が壊れたりゲームオーバーになることはないので
いろいろと動かしたときの反応や記載された記号などを観察し、
それらを関連づけていく推理力と発想力がポイントになる。


各場面でできることが限られているため
とっかかりがなさそうに見えるときでも
試行錯誤していけば正解にたどり着けるようになっており、
ガチャガチャと機械が動いていく様子も相まって気持ちいい。




難点なのはコントローラーによる操作性があまりに悪いこと。
我慢の限界が来て画面を直接タッチすることにしたが、
それでも割とイライラすることが多い。




また、状況を説明する日本語の翻訳が不自然で
何を言いたいのかわからなくて混乱したので
英語に切り替えてしまうことにした。
(といっても文章を読む必要性はほとんどない)




さまざまな形のアイテムが登場する上に
それらがひとつの目的に結びついていて
謎解きをしているだけなのにストーリー性を感じるのもよい。


全9ステージが3~4時間ほどでクリアできるので
まさに謎解きと同じような遊びごたえだった。



無料でプレイできるオンライン謎解き公開中
nightschool.hateblo.jp

謎解きブログの各ページにヒントを用意しました


いろいろな人に遊んでもらっている謎解きブログ「夜の小学校」ですが、
公開後5年近く経った今も脱出率は17%前後と低いままなので、
攻略が詰まりそうなページにヒントを用意することにしました。




謎解きをする場面の右上にある のアイコンをクリックすると
先に進むためのヒントがいくつか表示されるようになっています。


自力でクリアできた人は素晴らしい限りですが、
途中で諦めてしまった人もぜひ再挑戦してみてください。



www.tawashix.com

謎解きブログ「夜の小学校」のプロモーションビデオを作りました


nightschool.hateblo.jp


誰でも無料で脱出ゲームが楽しめる
謎解きブログを5年ほど前に作った。


公開直後には少しバズッたが、
以降はジワジワとアクセスがある程度で
現時点でのプレイ人数は1万5千人ほど。




他の自作ゲームと違ってプレイ動画というものがなかったが、
ふと思いついて関連画像をスライドショーのように組み立て、
BGMとタイミングが一致するよう仕上げて
プロモーションビデオを作ってみた。


割といいデキに仕上がったように思うので、
この動画で興味を持った人はぜひ遊んでみて欲しい。

「The Lake View 青い湖畔と緑の山峰」をプレイしました

最後に謎解きをしてからずいぶん経ってしまったが、
久しぶりによくできた脱出ゲームを見つけた。


リアル脱出ゲーム 感想その52
The Lake View 青い湖畔と緑の山峰



これは見晴らしのいいホテルの部屋から脱出するもので
スマホやタブレットでプレイできる無料ゲーム(Android版)。


このタイプの脱出ゲームは世にあふれているが、
本作は着手できる問題が常に複数用意されている上に
謎解きに必要な情報との関連性がわかりやすいので
どこから手をつけていいのかわからない、という場面が少なく、
ジワジワと解き進めることができるのが嬉しい。


見えないようなスキ間をタップしないと
落ちているアイテムが見つからない、というような
嫌らしい配置も特になく、提示された情報を使って
純粋に解いていくことに集中できる。




宿泊客の姿がチラチラと映るが
本作に登場する人間は基本的に邪魔者なので
いかにその場所から移動させるかがポイントになる。


アイテムはただ使うだけでなく
複数を組み合わせるような場面もあって面白かったが、
「てっきり茶葉だと思ったら別の物だった」という
解釈間違いで混乱したこともあった。




「なんとかクリアしたぞ」とスッキリしていたら
まさかの2ステージ目が始まったのには驚かされた。


このステージはなかなかとっかかりが見つからなかったので
メニューから選べるヒント(広告の視聴が必須)を多用してしまったが、
大きな理不尽を感じる解法はなく、
それに気づかなかった自分を反省できるものだった。


脱出ゲーム好きな期待するような
定期的にスッキリ感が味わえる良作だった。



無料でプレイできるオンライン謎解き公開中
nightschool.hateblo.jp

「店主のいない喫茶店」をプレイしました

箱を開ける正しい手順を模索する謎解きから2ヶ月、
次は冊子型の謎解きを挑戦した。


リアル脱出ゲーム 感想その51
店主のいない喫茶店



謎解き作品 店主のいない喫茶店

謎解き作品 店主のいない喫茶店

  • NoEscape リアル体験脱出ゲーム
Amazon

これは家でプレイするタイプの謎解きで、
A4サイズの冊子を読み進めながら各ページの問題に挑戦していく。


問題を解いて得られたキーワードを
LINEで入力することで話が進展していくが、
1問を解くたびに答えを入力するのではなく
一旦、すべてのページを解き終えてしまってから
やっとLINEを使うという珍しい流れ。


そこから指示に従ってハサミを使うことで
同じページでありながらいろいろな変化が起こり、
先ほどと違った答えが導き出せる構成は面白いし、
何度も再利用できる形に計算されているのは素晴らしい。


ただ、同じページに何度も書き込むので
メモ書きが重なってグチャグチャになっていくのが難点。
消せる筆記具を使うように注意書きはあるが、
問題を解くために引いた線を全部消すのは現実的でない。


また、問題ごとに答えを入力する形式ではないため、
1問ごとに正解しているかどうかの確認ができず、
どの部分でミスしているのかが発見できないのも残念。




最終的にクリアまで90分ほどかかったので
2000円程度の値段を考えると
コストパフォーマンスはまずまずといったところ。


解き方や問題にややモヤモヤするものもあるが、
冊子ひとつでよく考えられた謎解きではあった。



無料でプレイできるオンライン謎解き公開中
nightschool.hateblo.jp

総アクセス数