プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

子供を持たない権利と幸せもある

f:id:IKUSHIMA:20180119150049j:plain


姪についての日記を書くたびに
「子供嫌いのはずだったのに、子供が好きになったんじゃないの?」
みたいなメールを読者の方からもらうのだが、
私は相変わらず子供嫌いです。


電車で隣に座られようものならストレスMAXだし、
知らない子供と無条件に遊ぶ気もしない。
子供が遊んでいるのを見てもうるさいとしか思わない。


「自分の子供は姪以上にカワイイかもよ?」
ということも言われたりするけど、
自分の子供の場合、かわいいだけじゃなく
何十年にわたって責任やお金が膨大に発生するので
自分の時間やお金を切り崩してまで、欲しいという思いがない。


姪が最高なのは、自分の子供のように懐いてくれる上に
養育の責任やお金の問題が一切発生しない気軽さ。
これは姪や甥がいる人ならわかってくれるんじゃないか。
一言で言えば「子育てのいいとこ取り」ができる。


もちろん、苦労して自分の子供を育ててこそ
得られる経験というのもあるだろうけど、
それが欲しいと思う気持ちが
責任や負担を負う覚悟よりも上回らない限り、子供はいらない。


やたら子供をもうけることの魅力を勧めてくる人がいるけど
「共働きで子供なし」という収入が最高に高くなる家族形態にも
かなりの魅力があるのはわかってもらえないのかなぁ。


こんなことを書くと
「奥さんは子供を欲しがらないんですか?
 奥さんのご両親も本当は孫の顔を見たいのでは」
などと言う人もいる。


もちろん妻には結婚前からさんざん私が子供嫌いであることや
子供を欲しいと思っていないことを伝えている。


が、この意見のもっともイヤなところは
「奥さん方のご両親も『本当は』孫の顔を見たいのでは」
の部分である。


この「本当は」の部分の裏には
「表面的には同意しているように見えるが、真意は違うのでは」
というニュアンスが隠れている。
しかも言っている側には悪意がないのだ。


「子供はいらない」と宣言するとよくこういう勘ぐり方をされる。
これは「子供がいない家庭」を普通じゃないと捉えているからだろう。
「あなたはいらないと言うけど、
 周りの人は欲しいと思ってる人がいるんじゃないの?」
「そんな(普通じゃない)ことをして反対する人はいないの?」
といった具合だ。


結婚前に子供嫌いについての文章を書いたときにも
「お父さんの気持ちを考えてあげてください!」と
やたら私を叱責するメールをもらったことがある。


本人がいらないと言っているのに
なぜか、むやみやたらにそのことを心配したり、
戒めたりしてくる人が後を立たない。
男の私ですらそうなんだから
子供をいらないと考えている女性たちは
日々、相当な圧力を受けているのだろう。


ただ、私としては当人である夫婦さえ納得していれば
その方針は誰がなんと言おうと変更する必要はないと考えている。
これは「マンションに住むか、一戸建てに住むか」と同じように、
あくまで夫婦に決定権がある人生設計のひとつだ。
悩んでいる人の相談に乗ったり意見を出すのはともかく、
完全に結論が出ている問題を他の人間がわざわざ覆す必要はない。


仮に私や妻の両親が「本当は孫が欲しい」と思っていたとしても、
夫婦自身が欲しがっていないのに
両親の意見を受けて子供をもうける方がよっぽど無責任ではないか。


今後の何十年間、子供を育てていくという
責任を負う覚悟をもった夫婦こそ子供をもうけるべきで、
世間体を気にしたり親へのプレゼント気分で子供をもうけるのはおかしい。


そもそも子供を勧めてくる人の大半が、
「子供がいることが最高の家庭状態である」と妄信しているが、
「子供がいない=家庭に不足が生じている」わけではない。
子供がいない家庭にしか味わえない満足というものがたくさんあるのだ。


夫婦ふたりだけの私たちは、子供の安否を心配をする必要もなく、
子供を気にして外泊や外出に制限がかかることもなく、
養育にかかる費用を苦労して捻出することもない。


子供がいないと味わえない幸せもたくさんあるだろうが、
私たちは子供がいたらできなかった満足をたくさん得ることができる。