プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

検索した段階で用件が完了するようにGoogleが進化してきている

f:id:IKUSHIMA:20181225131157j:plain
oreno-yuigon.hatenablog.com


検索結果の画面が変化してきていることはみんな気づいているだろう。
これまでは適切なWebサイトを発見するためにGoogle検索していたが、
地図情報、動画コンテンツ、画像検索、ウィキペディアなどをもとに
検索した段階でおおよその情報が表示されるようになってきている。


このままでは各サイトの存在意義は薄くなり、
情報を吸い上げる材料に成り下がってしまう。
先日書いた「スマートスピーカーが普及することで
起こりそうなWebの変化」に通じる部分がある。


mclover.hateblo.jp


「情報を得る」という行為を極限まで効率化すれば
そういう進化をたどることになるのだろう。


誰が発信したか問わない情報は陳腐化し、
ファンを生めないWebサイトにはそのうち誰も訪れなくなる。
これからは書き手特有の個性が求められるようになり、
発信者は独自の意見や面白さを目指す必要が出てくるだろう。