プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


2年ほど使ったiPhoneXの画面が焼き付いた

f:id:IKUSHIMA:20191031171250j:plain
※焼き付きがわかりやすいように写真を暗めに加工しています


発売とほぼ同時に買ったiPhoneXだが、
ここ最近どうにも違和感があり、
Safariやメモなどの白い画面が映ると
四角い影のようなものが見えるのだ。


何だろうと思いながら使っていたが、
ふと「画面の焼き付きでは」と嫌な予感がよぎった。
画面の焼き付きといえばブラウン管時代の大昔の話で、
それを防ぐためのスクリーンセーバーという機能も
今はファッション的に使われているだけだろう。


しかし調べてみるとiPhoneXなどに使われている有機ELは
その構造上、焼き付きが起こりやすいという。


www.google.co.jp


明るい画面で長時間表示すると焼き付きが進むようだが、
自動でスリープする時間を5分間に設定し、
割と明るめの画面で2年ほど使った結果だ。
店頭に展示されているiPhoneはスリープにならない設定のために
強烈に焼き付いているものもあるという。


これらは画面の表面上の問題なので
スクリーンショットを撮っても
焼き付いている様子は映らない。


劣化による焼き付きは避けられないらしく、
修理をするしか直せないようだ。


いろんな色を全画面に表示させて
素子の消耗具合を平均化するという改善案があるらしく、
焼き付きを緩和するような動画を数時間表示させてみたが、
特に改善される様子はなかった。


その発色や画質の美しさでもてはやされている有機ELだが、
長期利用に伴って焼き付いてしまうのは非常に心配だ。
次のiPhoneに機種変更してもいいが、
それもいずれ焼き付いてしまうことを考えると不安は尽きない。

総アクセス数