プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

iPhoneXの画面は欠けているわけじゃなかった

iPhoneXの発表以来、よく問題視されるのが
画面最上部の切り欠きだ。
カメラやスピーカーがある関係で
画面の一部が隠れたデザインになっている。


私もあの切り欠き部分が気になって
買わないでおこうかと思っていたのだが、
いざ使い始めると認識が変わってきた。


iPhoneXは画面が欠けているのではなく、
本来の画面は少し小さいサイズで
システム情報を表示するエリアが
左右上部に追加された感じなのだ。

そう考えると有効利用できるエリアが
ギリギリまで取れる効率的なデザインだ。
表示エリアが広いので圧迫感もない。


非対応アプリは上下に黒帯が入ってしまうが、
iPhoneXの人気と普及度に合わせて
各種アプリの対応も広がっている。


切り欠き部分が気になっていた人に
ぜひ実際の使い心地を知って欲しい。