プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


マンガでも活字でも読書の価値は変わらない

f:id:IKUSHIMA:20201118123653j:plain


が通う学校では通学電車でマンガを読むことが禁止されており、
持参できるのは小説など文字ばかりの本に限るらしい。


教科書以外の本はすべて禁止というならわかるが、
マンガだけがダメというのは
「マンガを読むという行為は為にならないから」
という判断からだろう。


マンガマンガ以外もむさぼり読んでいる身からすると
マンガというのは表現方法のひとつでしかなく、
文字ばかりの本(活字本とでも呼ぶべきか)にも
誤った内容や不適切な内容が載ったもの、
読む価値がないものはいくらでもある。


マンガと活字本の形式の違いは
価値の有無や有害・無害とは何の関係もなく、
その間にあるのは好きか嫌いかだけである。


作品の表現方法だけを判断基準に
数多くの良作に触れる機会を奪うのはナンセンスだ。

総アクセス数