プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

今日という日は、残りの人生の第1日目である

f:id:IKUSHIMA:20180409112218j:plain

今日という日は、残りの人生の第1日目である
              ―――――― チャールズ・ディードリッヒ


知識や技術を身に付けたいなら
若い頃から勉強や訓練を始めている方が有利だが、
若返る方法がない以上、出遅れたことを悔やんでも仕方がない。


それよりも、これから学ぶなら
今日から始めるのが最善だという視点を持とう。
そうすれば明日から始めた人より有利に進められるだろう。


「また機会があれば」、「いつかそのうちに」、
そう言っているうちにまた今日が終わる。




こういった内容に共感してもらえる人向けの
Kindleで読める電子書籍が発売中です。
必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932