プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


得している他人を妬むのではなく自分にも恩恵があると考える

f:id:IKUSHIMA:20210930145331j:plain


誰かが優遇されていると妬む気持ちが生まれたり
不平不満を叫びたくなったりするが、
実は自分にも恩恵があることが多い。


給料をたくさんもらっている人は
その分税金もたくさん納めることになるので
社会的には大勢の人のプラスに働く。


また、成果を出した人が高い給料をもらうのは
給与水準の向上や評価の適正化につながる。
能力の高い人の給料が安いままだと
それ以下の人の給料が上がるはずもない。


高額な買い物や贅沢な生活をしている人は
持っている資産を世の中に流しているということなので
他の人の利益や景気の改善につながる。
私財を貯め込むよりどんどん使ってもらった方がよい。


新型コロナワクチンの接種予約がなかなか取れなくても
他の人の接種が進めば社会全体としての感染率は下がるし、
重症化する人が減れば医療体制の余裕も生まれる。
世の中全体で接種率が高まることを喜ぶべきだ。


「あの人ばっかりズルい!」といちいちイライラするよりも
誰かの得が自分のメリットにつながるんだという
広い視野でとらえる方が精神衛生が保たれる。
他人が幸せを味わっていることをどんどん喜んでいこう。

総アクセス数