プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

いつまでも昔の成功談を語る人の実力はたいしたことがない

f:id:IKUSHIMA:20180119170830j:plain


ずいぶん昔の成功談を何度も語ったり、
いい歳をしているのに学生時代の成績を挙げたりする人は
今の実力がたいしたことがないということだ。
当時の実績を超える成果が出ていないから
いつまでも昔話を頼りにしてしまう。


当人は過去の自分が今の自分の価値を高めてくれると思っているのだろうが、
結局、それ以降に自慢できる成果が何も出ていない証拠なのだ。
過去の栄光を語るのは他人から求められたときに限定し、
自分は今後の実績を目指して未来を見た方がいい。


こういった内容に共感してもらえる人向けの
Kindleで読める電子書籍が発売中です。
必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932