プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


60点で勝負する方が戦略的に正しい

遠回りまみれの青春のタイプの人
福満 しげゆき
青林工藝舎 (2013-08-31)
売り上げランキング: 83,527

福満しげゆきの「遠回りまみれの青春のタイプの人」にあった
「60%理論」は非常に納得できる。
(本としてはあまりオススメしません)


何か自分の実力を試されるようなことがあるとき、
自分が思う「100点」に仕上げるまで勝負しない人は
完璧主義を言い訳にして逃げているだけ。
それよりも60点ぐらいで勝負することを繰り返す方が
良い結果につながる、と言う話。

これはホントそう。本当に同意する。

私の教え子だと作品作りや就職活動の話になるのだが、
「作品がまだ完成していないんで」
「まだ合格する自信がないので」
と挑戦しようとしない学生は、ほとんどにおいて
早めに踏み切った学生より良い結果にならない。

60点だと怖いからもっとがんばってから勝負したい、
という気持ちはわからないではないが、
「これで100点だ」と確信が得られる日が来るとは思えない。
そんな人はどんなにがんばったとしても
自信を持って100点だと言える勇気は出ないだろう。
それは60点で勝負する勇気よりも大きいものだからだ。

それに、もし100点のモノが出来上がったとして、
それで認められなかったらどうするつもりなのだろう。
60点で勝負してダメだったとしてもまだ余地はあるが、
100点でダメならもう逃げ場がない。

たとえ10回負け続けた戦士であっても
1度も戦っていない戦士より経験値は高いはずだ。
自信がないからこそ60点で勝負してみよう。


この記事をベースに加筆・修正したものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

将来に悩む学生に伝えたい55のアドバイス
(2016-04-23)
売り上げランキング: 157,789

 

総アクセス数