プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

「ヒックとドラゴン」はやはり傑作だ

映画「ヒックとドラゴン」を久しぶりに観直したが、
相変わらずの傑作だ。

ヒックとドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2018-02-02)
売り上げランキング: 6,357

CGアニメといえばピクサーだが、
本作はドリームワークスの手掛けた作品。
ドラゴンとの戦いを長年続けるバイキング一族の話で、
族長の息子ながらひ弱でバカにされている少年が主人公。

のび太のような少年があることがきっかけで
急激に仲間内の評判を上げていく場面の気持ちよさはもちろん、
かわいくないのに個性的で魅力を感じる各ドラゴンの造形、
初めて自転車に乗ったときのような気持ちよさが味わえる飛行シーンなど
全編にわたっていろんな方向での見どころが満載。
最後の最後で衝撃的な流れになるところまで完璧なプロット。

ものすごくデキがよく、目を見張る完成度なのだが
観た経験がある人にあまり出会わないのが残念すぎる。
CGアニメの中でも屈指の名作なので、まだ観ていない人はぜひ。