プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

エアコン28度設定は能率が落ちて、結局は無駄が多い

f:id:IKUSHIMA:20180121230322j:plain

家で過ごしているときのエアコンは28度設定でも平気だが、
動きまくり考えまくりパソコン使いまくりの職場で
28度はホント能率落ちる。

脳みそを100%使えればはかどるのに
40%ぐらいを「暑い・辛い」という感想に支配されて
結局のところ、無駄が増える気がする。
とりあえず全力を出せる環境にして欲しい。

エアコンの28度設定と室温が28度なのとは快適具合が違いすぎる。
そもそも今まで「経費削減」という名目だったものを
「エコロジー」という体のいい言い訳にすり替えているだけな気が。

28度設定という目に見える数値の変化と違って
不快感や社員の能率低下は見えにくい。
エコロジーな施策は局所的な変化に注目するばかりで
実は総合的にマイナス(=反エコロジー)になっていることが多い気がする。

いろいろ利害が絡むエコロジーばかりなので、もう何を信用すればいいんだか。