プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

ジョジョの奇妙なBARに行こう!

「神戸に『ジョジョバー』があるらしい」という噂を聞いた。

「ジョジョバー」、つまり
ジャンプ黄金時代から今なお続く名作マンガ
ジョジョの奇妙な冒険」を題材にしたバーだ。

ジョジョ好きな私としてはぜひ行ってみたいが、
公式サイトもなく、とにかく情報が限られていて
店の場所すら定かでない。
ひとりではたどり着けるかどうかすら不安だ。

ということで職場の先輩後輩を加えて4人で行ってきた。
その際、店員から「ぜひ宣伝して欲しい」という強い念を感じたので
少しでも告知できれば、と情報を残しておくことにする。

■店舗情報■
f:id:IKUSHIMA:20180223133726j:plain
--------------------------------------------------
ジョジョの奇妙なBAR ヘブンズ・ドアー
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通2-12-20 セゾンコートビルB1
TEL:078-321-1551
営業時間 18:00~2:00
--------------------------------------------------

場所としては三宮の東急ハンズ、ドンキホーテの近く。



f:id:IKUSHIMA:20171227164533j:plain
かなり地味な通りで、本当にこんなところに店があるのか不安になる。
「振り返ってはいけない小道」ではないので
存分に後ろを確認しながら進もう。

f:id:IKUSHIMA:20171227164638j:plain
しかし気分だけは高ぶっており、何気ないシャッターを見ても

f:id:IKUSHIMA:20171227164748j:plain
ザ・ハンドで削り取れそうな妄想をしてしまう。

f:id:IKUSHIMA:20171227164923j:plain
そうこうしているうちにジョジョバーの看板を発見!
相当に地味なので通り過ぎそうになった。

f:id:IKUSHIMA:20171227164954j:plain
地下へ下りていく階段の壁には
コミックスから切り出したと思われるポスターが。
いやがうえにも盛り上がってくる。

f:id:IKUSHIMA:20171227165047j:plain
店の入り口には見慣れた描き文字。
どんな世界が待ち受けているのか。

f:id:IKUSHIMA:20180223132504g:plain

店内に入ると店員がいきなり「ドギャーン!」と言いながらお出迎え。
驚くことはない。ここはジョジョバーだ。

f:id:IKUSHIMA:20171227165239j:plain
店はそれほど広くなく、カウンター8席、
2人用と4~6人用のテーブルがひとつずつ。

休日は予約を取った方がいいらしいが、平日は割とガラガラ。
(私が行った火曜日は20時までの間に
 我々以外にはひとりしか客が現れなかった)

f:id:IKUSHIMA:20171227165522j:plain
基本的に店内はジョジョネタの嵐。
ズラリとフィギュアが並べられ、
個人宅ではそうそう真似のできない見晴らしに。

f:id:IKUSHIMA:20171227165620j:plain
ジョジョがたまらなく好きなんだろうなぁ、という空気アリアリ。
ひとつひとつじっくり見れる。

f:id:IKUSHIMA:20171227165659j:plain
置かれているメニューがまた
ボインゴのスタンド本になっているという素晴らしさ。

f:id:IKUSHIMA:20171227165739j:plain
中は中でカクテル類がお馴染みのスタンド名になっており、
「破壊力C」「スピードE」「成長性A」などと
それぞれのアルコールとしての特徴を表す凝りよう。
当然ながらスタープラチナやザ・ワールドはかなりの強キャラ。

そのへんを考えて頼めば酒が苦手でも楽しめるし、
ノンアルコールやソフトドリンクもある。

f:id:IKUSHIMA:20171227165901j:plain
私も酒をほとんど飲まないが、
今回は続けて3杯も注文するハイペースぶり。どれも飲みやすい。

f:id:IKUSHIMA:20171227165933j:plain
しかもコースターは光ったメロンのようで
ハイエロファントグリーンそのもの。
どこまでジョジョネタを仕込んでくるのか。

f:id:IKUSHIMA:20171227170025j:plain
セックス・ピストルズは当然のようにコップ6杯がセットで。
もはやコースターはなんの意味もない。
番号を読み上げながら置かれていくのだが、
泣き虫であるNo.5は
ちゃんと「甘ったれ」仕様になっている素晴らしさ。

そして全員で「WRYYYYYYY!」と乾杯。
ここはジョジョバー。掛け声も普通じゃない。

f:id:IKUSHIMA:20180223132504g:plain

ジョジョバーは酒ばかりでなく料理も豊富。
ただ、当然のごとくメニュー名も
ジョジョにまつわる用語に置き換えられているので
どんなものが出てくるかは予想に頼るしかない。

f:id:IKUSHIMA:20171227170319j:plain
「ペットショップのからあげ」
イギーとの死闘を繰り広げ、
最強の部類に入るスタンドだったのにッ!

f:id:IKUSHIMA:20171227170402j:plain
「レッド・ホット・チリ・ポテト」
暗めの店内ではやはり電力が足りなかったのか、
錆びた鉄クズのような色にッ!

f:id:IKUSHIMA:20171227170442j:plain
「ブラフォードのオムライス」
「LUCK(幸運を)」にPを付け足し、
「PLUCK(勇気を)」と書かれているッ!

いずれも美味でヨダレずびっ!

こういう店はネタばかりが先走っていて
料理や酒は適当かと思っていたが、
ジョジョバーはどれもが満足いくデキで感激した。

そしてあまりにも気になるメニュー「肉の芽」。
f:id:IKUSHIMA:20171227170552j:plain
肉の芽だけあってDIO直々のメッセージ付き。
えらいことになっているので
弾丸をつかむほどの正確さで食べていこう。

f:id:IKUSHIMA:20171227170636j:plain
触手をどんどんちぎっていくと
ちゃんと「芽」の部分が出てくる見事さ。脱帽。

f:id:IKUSHIMA:20171227170722j:plain
これらの酒や料理をすべて1人で用意してくる多才なスタッフ。
ふとシェイカーを振る後姿に注目すると……、

f:id:IKUSHIMA:20171227170743j:plain
ブ、ブチャラティ!ついに会えた!

f:id:IKUSHIMA:20180223132504g:plain

さて、店内はジョジョ好きにはたまらないアイテムばかり。

f:id:IKUSHIMA:20171227171130j:plain
壁にズラりと立てかけられたコミックは読むのも自由。
酒と料理を楽しみながらダラダラ過ごすことも可。
忘れたネタはこれで速やかに確認。

f:id:IKUSHIMA:20171227171212j:plain
当然のように飾られている石仮面。
「おれは人間をやめるぞ!ジョジョーーっ!!」と
人間を超越するのもよし。壁を垂直に歩くもよし。

f:id:IKUSHIMA:20171227171254j:plain
額に現在時刻が表示されている
オシャレすぎるムーディブルース。

f:id:IKUSHIMA:20171227171324j:plain
吉良吉影が愛した手。
ぜひ、サンジェルマンの袋に入れて隠しておきたい。

f:id:IKUSHIMA:20171227171422j:plain
スティッキー・フィンガーズの能力で壁に潜むブチャラティ。
2人用のテーブル席なのに
おかまいなしに覗いてくる始末。

f:id:IKUSHIMA:20171227171517j:plain
サイコーに感激した完成度のハイウェイ・スター。
コミックそのままの雰囲気で壁を走ってくるので
時速60キロ以上の速度で全力疾走しよう!

f:id:IKUSHIMA:20180223132504g:plain

ジョジョバーではトイレの方もかなり“奇妙”に。

f:id:IKUSHIMA:20171227171653j:plain
トイレで踏ん張るアナタに「ゴゴゴゴ」の擬音が
尋常じゃない迫力をもたらすでしょう。

f:id:IKUSHIMA:20171227172701j:plain
当然ながら便座の上でのジョジョ立ち・DIO立ちは禁止。

f:id:IKUSHIMA:20171227171809j:plain
トイレといえばやはりポルポの隠し財産。
これで幹部になれる。

f:id:IKUSHIMA:20171227171927j:plain
ミツケタゾ!しししっ!
スキ間には重ちーのハーヴェストが。
いたるところで小銭を探してます。

f:id:IKUSHIMA:20171227171951j:plain
手を洗う場所にはカエルと描き文字が。
簡単に「例の場面」を再現できるので退室する前にぜひ。

f:id:IKUSHIMA:20180223132504g:plain

帰宅途中に少し寄るだけのつもりだったのに
あまりにも楽しくて次々とおかわりを頼む。

f:id:IKUSHIMA:20180103212006j:plain f:id:IKUSHIMA:20180103212013j:plain
運ばれてくるカクテルもキャラクターがグラスに描かれていたり、

f:id:IKUSHIMA:20171227172350j:plain
「イエローテンバランス」なら
ちゃんとレロレロするためのチェリーがついてきたりと
いちいち飽きさせないアイデアばかり。

f:id:IKUSHIMA:20171227172424j:plain
このグラスを見て「コイン入れるギャンブルできそうですね」と店員に言うと、
「あ、ありますよ」と何か持ってきてくれた。

f:id:IKUSHIMA:20171227172448j:plain
これはッ!まさにダービーのコレクション!
賭けコインの方はともかく、魂入りの方はスゴすぎ。

f:id:IKUSHIMA:20171227172533j:plain
初来店するとスタンプカードがもらえるのだが、
頼んだカクテルの欄にどんどんハンコを押してもらえて
全部たまると「だが断る」という日本酒をプレゼント。

しかも全員分のカードがもらえる上に、
自分以外が頼んだ分も押してもらえるので
集団で行ってバラバラのカクテルを頼めば
すごい早さでスタンプを集めることが可能。

f:id:IKUSHIMA:20171227172207j:plain
今回はカクテルを3杯ずつ頼み、
料理5品でひとり3000円ほど。

帰るときにはお約束のセリフ、
「アリーヴェ・デルチ!(さよならだ)」と言ってもらえるし、
ジョジョ好きとしてディ・モールト、ディ・モールト(非常に)楽しめた。

f:id:IKUSHIMA:20171227172116j:plain
ネタとしては第1部から第7部までまたがっているが、
そのうちのいくつかを深く知っているか、
全体を浅く知っていれば十分楽しめる。

単純に店として料理も酒もオススメなので
それ目当てに訪れる価値もあるが、
店員もジョジョを知っている前提でアピールしてくるので
グループ内に1、2名はジョジョに精通した人がいた方が
激しい温度差を感じなくていいだろう。

神戸、大阪付近に立ち寄ることがあるジョジョ好きは
ぜひ一度行ってみて欲しい。

告知手段が口コミしかないらしく、
初来店時は「この店のこと、どこで知りました?」と聞かれるので
このブログのことを告げてくれれば嬉しいです。


※2017年12月 追記
残念ながら閉店してしまったようです。