プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

バイオハザード・ザ・エスケープ2 感想

世間でかなり流行っているのは知っていたものの、
これまで手を出してこなかったリアル脱出ゲーム。


先日、USJの「バイオハザード・ザ・エスケープ2」に参加して以来、
いろいろな脱出ゲーム系をやってみたので順に感想を書いていく。


リアル脱出ゲーム 感想その1
バイオハザード・ザ・エスケープ2


USJの園内にあるため、USJの入場券を買わないといけない上、
3000円ほどのバイオ用チケットも買う必要がある。


建物内に入ったあと、1グループが4~6人ずつになるよう
別の参加者とグループ分けされるが、
ここから実際に始まるまで45分ほど待たされるのが一番苦痛。
いつまで待たされるのかがわからないし、段取りが悪く感じた。


ただ、始まってみると脱出ゲームの要素だけでなく
しっかりとした俳優たちの演技と演出があり、ショーとしてかなり豪華。
90分という制限時間の中、本物のテレビ局だった建物をフルに使い、
初めてにして一番贅沢と言えるリアル脱出ゲーム体験となった。


グループにつきタブレットと小型端末が1台ずつ支給されるが、
小型端末はほとんど出番がなく、あくまでタブレットを使う。
多数のグループが建物内を散開できるよう、
順番を問わない謎解きが複数用意されている点や、
定期的にゾンビが脅かすバイオらしい演出、
時間に応じてヒントメールが届いて謎解きの停滞を防ぐ仕組みなど
かなり工夫がされていて感心した。


最後はこれまでの謎をどう解くべきだったかの解説とともに、
かなりバイオらしい演出まで見れて
3000円の参加料はかなり安く感じた。
USJに入場せずに直接参加できる造りになっていれば最高だが、
そこはビジネス的になかなか厳しいのかもしれない。


また、今回たまたま非常に良心的なカップルと一緒だったが、
一緒にグループになる人の社交性や配慮の度合いで
ずいぶん面白さが左右されると思った。
これはリアル脱出ゲーム全般に言えることだが、
あまりにも勘の悪い人でも辛いだろうが、
周りの人をほったらかしに
さきさき進めてしまう人だと本当につまらないだろう。


最近の脱出ゲームはどれもよくできているが、
チームメンバーだけは運の要素が大きすぎる。
この点だけが非常にネックに感じた。


次は「ルパン三世 サンマリノ城からの脱出」に挑戦した。