プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

愚痴を言うのは自分で解決するつもりがない証拠だ

f:id:IKUSHIMA:20180118114003j:plain


仕事や学校のことで愚痴る人は多いだろうが、
つまりは自分で状況を改善するつもりがないのだ。
文句を言うばかりで自分では解決するつもりがなく、
勝手に理想の状態になってくれるのを願うばかり。


もし愚痴を言いそうになったら、気持ちを切り替えて
状況改善のための具体的なアクションを起こすことをオススメする。


●解決する力を持った人に相談する
●不満を言うのではなく改善内容を提案する
●誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分で行動する
●改善できない事情も理解する


これができれば「愚痴る人」ではなく「状況改善できる人」になれる。
物事を解決してくれるところには人が集まり、
頼られることが多くなるだろう。


また、頻繁に愚痴をこぼしてくる人は
●周囲までネガティブな雰囲気にする
●今の状況を悪いものだと評価したがる
●自分に甘く、他人に厳しい
●自分で行動する意欲はない
というマイナス面しか持っていないため、距離を置く方がよい。


こういった内容に共感してもらえる人向けの
Kindleで読める電子書籍が発売中です。
必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932