プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

本気を出し惜しむと、いつか本当に出なくなる。

f:id:IKUSHIMA:20180521110052j:plain

本気を出し惜しむと、いつか本当に出なくなる。
              ―――――― 雑誌「宣伝会議」のコピー


「本気を出すのはカッコ悪い」と考える人が一定数いるが、
「本気を出せば俺だってできる」という逃げ道
残しておきたいだけなんだと思う。


本気を出した状態がその人の限界なので、
本気さえ出さなければ
実力を悟られる心配がないと考えてしまうのだろう。
本気を出した上で失敗すると言い訳できないし、
実力の低さを隠したいというプライドの高さが
ますます本気を出そうとする気持ちを奪う。


爪を隠すことで能ある鷹だと思わせたいんだろうが、
なかなか戦おうとしない兵士を評価する人はいない。
本気を出さない人はただの臆病者と思われるだけだ。


本気を出して何かに取り組めば
たとえ失敗したとしても大きな経験値を手に入れられるし、
本気を出せることを他人に証明することもできる。
恥を忍んで本気を出せば実際に実力がついてくるし、
必死でもがこうとする人を評価してくれる人が現れる。


いつでも行けると思いながら歳だけ取る人」にならないためにも
若いうちから本気を出していこう。




こういった内容に共感してもらえる人向けの
Kindleで読める電子書籍が発売中です。
必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932