プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


収入が少ないほど喫煙率が高いという現状

f:id:IKUSHIMA:20210731155742j:plain
www.mhlw.go.jp


厚生労働省が発表しているデータによると
生活習慣と年収に相関関係が見られる項目は
「健康診断の受診率」「歯の本数」「喫煙率」の3つ。


収入が低い人ほど健康診断を受診していない。
会社員であれば勤め先で健康診断を受ける指示がされるはずだが、
そういった条件に当てはまらない
アルバイトや短期の契約社員だったりするのだろう。
自費で健康診断を受けるのは収入に余裕がないと無理だ。


また、収入が低い人ほど歯の本数が少ない。
これは経済的に余裕がないから歯医者に通えないとか、
歯の状態をあまり重視しないコミュニティに属しているのだろう。
綺麗な歯を維持するにはコストがかかるし、
健康保険料が未払いだったりするとなおさら無理だ。


上記2つは理由としては理解できる。
それぞれ安定した収入や立場が必要だ。



f:id:IKUSHIMA:20210731125958j:plain


しかし喫煙率については謎で、
収入と喫煙率は綺麗に反比例の関係になっている。
タバコを日常的に吸うにはコストがかかるのに
収入が低い人ほど喫煙率が高くなるのだ。


ただし、相関関係であるというだけで因果関係かどうかは不明だ。
収入が低くなるほど喫煙率が高いのは事実だが、
「タバコを吸っている人はみんな低所得者だ」というわけではないし、
「タバコをやめれば収入が高くなる」とも限らない。


考えられるのは、強いストレスがかかると
タバコに手を出してしまうという流れだろうか。



f:id:IKUSHIMA:20210731214027j:plain


戦場に出る兵士がやたらタバコを吸っていたり
発展途上国でタバコの消費量が多かったりするが、
ストレスから一時的に逃れる手っ取り早い手段としては
タバコは安価で身近な存在なのかもしれない。


安定した将来が見通せない人に
「タバコを吸ってると長生きできないよ」という助言は
ひどくナンセンスなのかもしれない。

総アクセス数