プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

英語力アップにはまず文法から!

f:id:IKUSHIMA:20180120100454j:plain 英語がうまくなりたいと考える社会人は多いが、
まず何からやればいいのかわからない、という問題にぶつかる。

英語に関するスキルには

 1.読む力(reading)
 2.聴く力(listening)
 3.書く力(writing)
 4.話す力(speaking)


と4種類あり、漠然と「英語を上達させたい」と考えるのはよくない。

よく話題に挙がるTOEICテスト
上記のうち1と2のみを判定するものなので
「TOEICが高得点なら英語が話せる」わけではない。
(ちなみに、3と4を測るTOEIC SWテストというのもある)

日本語を完璧に理解している我々日本人でも
話し下手や人見知りな人がいるのと同様で、
言語として英語を理解していても
英会話が下手な人がいるのは当然なのだ。
そのため、TOEICが高得点なのに英語が使えない問題が生まれる。

ただし、TOEICの勉強によって上達する部分もあるし、
具体的な点数で実力がチェックできる点は便利。

4種類いずれのスキルを伸ばしたい場合でも
まず重要なのは中学レベルの文法だ。
文法自体も奥が深く、細かいルールや例外まで含めるとキリがないが、
中学で習う英文法はあくまで最低限のルールで
疑問文や命令文、過去形などの基本が学べる最高の内容。

「子供は文法抜きにしゃべれてるじゃないか」というのは乱暴な理屈で、
起きている間ずっと周囲から言葉を浴びせられ、
シチュエーション別にその都度、大人から説明されながら
数年かけて習得していく子供と同じ方法では効率が悪すぎるのだ。

というわけで、英語勉強を思い立った社会人は
まず中学英語の文法の復習から始めよう。

つづく


私が英語力を身につけていった流れをまとめた本が

Kindleで読める電子書籍として発売中です。

大人になってからの英語勉強法
(2016-07-26)
売り上げランキング: 35,529