プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


熱中してしまうゲームにはハイリスク・ハイリターンの法則が活きている

f:id:IKUSHIMA:20210802121700j:plain


何度もプレイしたくなるような没入感のあるゲームには
たいてい「ハイリスク・ハイリターンの法則」が活きている。
なんらかの危険が増えるものの
その分、利益も大きくなるという選択肢が用意されているのだ。



f:id:IKUSHIMA:20210802093358j:plain


たとえば上記の場所でコインを取りに行こうとすると
パックンフラワーの攻撃を食らう危険がある。
しかし単に難易度が高いわけではなく
上の足場を進んでやり過ごすこともできるので、
リスクを取るかどうかの選択はプレイヤーに委ねられている。



f:id:IKUSHIMA:20210802093405j:plain


マリオのステージにはこういったデザインが多く、
腕に自信のあるプレイヤーに挑戦を呼び掛けてくる。
これこそ初心者にも上級者にも楽しめる工夫だ。



f:id:IKUSHIMA:20210802093616j:plain


上までブロックが積み上がるとゲームオーバーになるテトリスでは
1段ずつブロックを消して安全に過ごすこともできるが、
わざと1列だけ空け、テトリス棒で一気に消すと得点が高くなる。
ゲームオーバーの状態に近いほど
高い成果を出すチャンスが増えるのだ。



f:id:IKUSHIMA:20210802093734j:plain


どのゲームでも、パワーの強いキャラは動きが鈍く、
スピードの速いキャラは力が弱く設定されている。
欠点のないキャラクターは存在しないので、
何かで利益を得るにはリスクを負う必要がある。



f:id:IKUSHIMA:20210802094048j:plain


格闘ゲームでは威力の高い技ほど
それを繰り出すのが難しくなっており、
「失敗するリスク」「習得する苦労」を受け入れないと
高いリターンが得られないようになっている。
威力が高い分、扱いが難しい武器などもゲームの定番だろう。



f:id:IKUSHIMA:20210802094625j:plain


危機的状況を楽に回避できるような強い武器は
少ない数しか持つことができないので、
今使うか温存しておくかで悩むようになっている。


このように、ゲームにはわざとリスクが用意されており、
それをいつどのように回避するかを
プレイヤーが選べるようになっている。
だからこそ成功したときに「自分の考えが正しかった」と実感し、
自分の作戦が狙い通りにいった達成感を味わうことができるのだ。



f:id:IKUSHIMA:20210211173904j:plain


ただし、将来への積み立てが無縁で
唯一の正解を模索するようなゲーム性の場合は
こういった法則に当てはまらないものもある。


mclover.hateblo.jp

総アクセス数